バックパッカーとは?

バックパック(リュックサックやデイパック等の背中に背負うバッグ)ひとつで、格安かつ気ままに一人旅する人達のことです。ツアーでは決して味わえない現地の人々とのディープな触れ合いや旅行者同士の交流、そして何ものにも束縛されない真の自由を満喫することこそが、バックパッカーの醍醐味だといえます。

このブログでは、実際に管理人のもとに寄せられた海外旅行に関する様々なご質問とその回答を、情報共有のために公開しています。世界一周を二度達成した管理人が、海外に不慣れなあなたを勝手にサポート!

さあ、あなたも世界を肌で感じて、人生観を変えてみませんか?

無料海外旅行相談はこちらから!

バックパッカーの持ち物…世界最小・最軽量の荷物リスト
格安チケット…海外一人旅に最適な航空券の選び方
無料クレジットカード…海外旅行保険を無料にする裏ワザ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   


海外旅行Q&A

世界一周の資金、言語の壁、タイでの住む場所やお金など NEW

Qお早い回答ありがとうございました。心配していたことがわかって良かったです。

追加の質問なのですが、プロフィールにて20歳の時に突然思い立って行き当たりばったりで世界一周をしたと書いてありましたが、その時の資金はおいくらぐらいだったのでしょう?

また、その時に言語の壁といいますか、意思疎通をどうしていたのか気になります。

あと、7年間タイに滞在したと書いてありますが、その時、現地での住む場所やお金はどうしていましたか?言語がわからなくても滞在はできるものなんでしょうか?

たくさんの質問申し訳ありません。よろしくお願いします。

回答を見る

2017年07月22日 10:08

未成年、英語の知識なし、貯金なしで海外旅行できる?

Q初めまして。海外旅行をしたいと思っている者ですが、私は現在未成年で、英語の知識もなければ貯金もありません。

私みたいな人が海外旅行なんてできるのでしょうか?

ちなみにヨーロッパに行きたいと考えています。

すごくアバウトな質問で申し訳ありません。回答よろしくお願いします。

回答を見る

2017年07月20日 08:49

デイアンドハーフに全ての持ち物を収納できる?

Q当方、海外旅行に興味があり、グレゴリーデイアンドハーフの事を調べている内にこちらのサイトに辿り着きました。

分かりやすい文章と写真でグレゴリーデイアンドハーフの良さが伝わりました。

いきなりの質問ですいません。

サブバックとデイアンドハーフとの共用でパッキングされていると思うのですがデイアンドハーフに衣類とPC、その他の荷物を全て収納されたのですか?

先日、デイアンドハーフを店頭で見てきたのですがあれだけの荷物を収納する事ができるのか些か信じられません。

お忙しい事とは思いますがもし宜しければ返信して頂けたら幸いです。

回答を見る

2017年06月20日 09:27

目的はないけど強い印象を残してくれる場所に行きたい

Q今回はじめて一人旅をしたいと考えてます。

旅の目的は特になくどこの国のどこに行きたいなどはありません。ただ、日本では得られない常識や日本とは違う雰囲気を味わいたいです。

それらがどの国にあってるのか、またその国のどこに行くと楽しめるのか費用、必要になってくるものなどをお伺いできればと思います。

よろしくお願いします。

回答を見る

2017年05月20日 08:58

グレゴリーのデイ&ハーフは機内持ち込みできる?

QKaoruさん初めまして、私も世界一周を計画していまして、ブログを参考にさせて頂いてます。

お忙しいところ申し訳ありませんが1つ質問をさせて頂きたいのですがKaoruさんが世界一周の時にグレゴリーのデイ&ハーフのバッグを使っていたとのことなんですがデイ&ハーフのバッグだと横幅が大きすぎるような気がするのですが、各国様々な飛行機を利用する際に機内持ち込みは問題なくできたのでしょうか?

長々とした質問で失礼いたしました、ご連絡頂けましたら幸いです。

回答を見る

2017年05月10日 10:17


世界一周旅行記

世界一周の仕方

【プロローグ2】

すっかりアマゾンに行く気になり、ブラジルまでの具体的なルートを調べたり、アレコレ想像したりしているうちに、未知なるものへの好奇心が一気に燃えあがった。

ブラジル以外にも、寄ってみたい国が次から次へと溢れ出す。

アメリカ、ペルー、フランス、インド、タイ・・・

もはや思いつくままに、この際行けるところは全部行ってやれ!という気になっていた。

経験がないものだから、距離感も現実感もまるでなく、ほとんど妄想状態で、外国というものを安易に考えていたのだ(あるいは、何も考えていなかったのかも・・・)。

続きを読む

アマゾンおじさんとの出逢い

【プロローグ1】

何の希望もなく、何の目的もなく、ただ何となく生きていた20歳のある日のこと。

バイト先に、その日たまたま一緒に仕事をすることになった見知らぬおじさんがいた。

そのおじさん、自己紹介のつもりなのか、いきなり、


 「俺はアマゾンから来たんだぁ


と、さりげなくひと言。

続きを読む