バックパッカーとは?

バックパック(リュックサックやデイパック等の背中に背負うバッグ)ひとつで、格安かつ気ままに一人旅する人達のことです。ツアーでは決して味わえない現地の人々とのディープな触れ合いや旅行者同士の交流、そして何ものにも束縛されない真の自由を満喫することこそが、バックパッカーの醍醐味だといえます。

このブログでは、実際に管理人のもとに寄せられた海外旅行に関する様々なご質問とその回答を、情報共有のために公開しています。世界一周を二度達成した管理人が、海外に不慣れなあなたを勝手にサポート!

さあ、あなたも世界を肌で感じて、人生観を変えてみませんか?

無料海外旅行相談はこちらから!

バックパッカーの持ち物…世界最小・最軽量の荷物リスト
格安チケット…海外一人旅に最適な航空券の選び方
無料クレジットカード…海外旅行保険を無料にする裏ワザ

このエントリーをはてなブックマークに追加   


海外旅行Q&A

ジェットスター航空でジャカルタまで21時間、手荷物0kgの意味 NEW

Q※"格安航空会社タイガーエアはJCBで支払うことができる?" の続き

ありがとうございます。よくわかりました。ありがとうございます。


ジェットスターを見たところジャカルタ行に21時間かかると書いているのですがこれはどういうことでしょうか?

あと、航空券は紙なのでしょうか?それともメールなどを印刷するのでしょうか?それとも携帯メールなどになるのでしょうか?

そして、海外の航空券を買う場合は海外の通貨になっていますが、クレジットで支払うと今のレートで日本円に換算され講座から引き落としされるという認識で会っていますでしょうか?

立て続けにすみません。

回答を見る

2015年08月25日 01:09

格安航空会社タイガーエアはJCBで支払うことができる?

Q※"インドネシアは片道航空券だと入国審査に引っ掛かり強制送還?" の続き

ありがとうございます

http://www.tigerair.com/hk/en/でシンガポール、行きを購入しようと思うのですが、これって日本のJCBでも支払うことができるのでしょうか?

回答を見る

2015年08月20日 23:47

インドネシアは片道航空券だと入国審査に引っ掛かり強制送還?

Q※"インドネシアや周辺国ではお金はどうする?引き出せる?" の続き

ありがとうございます。

本日、チケットを買おうと相談に乗ってもらうと「片道航空券だと入国審査に引っ掛かり強制送還と言われました」
ホントですか?

予定としてはジャカルタに行って、ビザ延長で2か月、マレーシア、シンガポール、タイに行こうと思っています。

どうすればいいかわからないのですが教えていただいてもよろしいでしょうか?

回答を見る

2015年08月15日 13:24

インドネシアや周辺国ではお金はどうする?引き出せる?

Q※"インドネシア長期滞在、ビジネス目的のビザだとどうなの?" の続き

そうなんですね!わかりました。とても参考になりました。ありがとうございます。


すみません。追加の質問があります。昨日はありがとうございます。

観光ビザでジャカルタ、そして延長をして60日の滞在後、マレーシアとシンガポール、タイなどに行こうと思います。

ビザ発行って簡単なものですか?
ジャカルタ以外の国にしばらく滞在した後ジャカルタに帰るのは可能ですか?
お金はどのようにするのがベターでしょうか?引き出すことってできますか?多くの人はどうしていますか?

すみませんがご回答お願いします

回答を見る

2015年08月10日 06:56

インドネシア長期滞在、ビジネス目的のビザだとどうなの?

Q※"目的なしにインドネシア・ジャカルタに長期滞在する方法" の続き

ありがとうございます!

今現在WEB制作の仕事をしていて、それも海外でするつもりなのでビジネス目的のビザだとどうなのでしょうか?

この場合は日本での取得になるのでしょうか?

回答を見る

2015年08月05日 23:59


世界一周旅行記

世界一周の仕方

【プロローグ2】

すっかりアマゾンに行く気になり、ブラジルまでの具体的なルートを調べたり、アレコレ想像したりしているうちに、未知なるものへの好奇心が一気に燃えあがった。

ブラジル以外にも、寄ってみたい国が次から次へと溢れ出す。

アメリカ、ペルー、フランス、インド、タイ・・・

もはや思いつくままに、この際行けるところは全部行ってやれ!という気になっていた。

経験がないものだから、距離感も現実感もまるでなく、ほとんど妄想状態で、外国というものを安易に考えていたのだ(あるいは、何も考えていなかったのかも・・・)。

続きを読む

アマゾンおじさんとの出逢い

【プロローグ1】

何の希望もなく、何の目的もなく、ただ何となく生きていた20歳のある日のこと。

バイト先に、その日たまたま一緒に仕事をすることになった見知らぬおじさんがいた。

そのおじさん、自己紹介のつもりなのか、いきなり、


 「俺はアマゾンから来たんだぁ


と、さりげなくひと言。

続きを読む