両替と現地通貨

現金の両替時の注意点と、持ち金の現地通貨の%を教えてください。


スポンサード リンク



【現金の両替時の注意点】

よく知られていることですけど、一般に空港はレートがよくないので、必要最小限にとどめておくのが無難です。※タイや中国など空港でも街中でもほとんど同じレートの国もあります。

街中でも銀行や両替商によって若干のレートの違いがありますけど、たいした違いではない(ことが多い)ですので、それよりも「安全第一」を心がけましょう。

どんなに良いレートを提示されても、ごまかされたり盗られたりしては元も子もないですからね。

以下、安全面での注意点です。


1. 財布や貴重品入れを人目にさらさない

トイレの個室など人目につかない場所で、あらかじめ貴重品入れから両替分だけを取り出しておくか、取り出しやすくしておきましょう。

2. 両替前の安全確認

両替所周辺の状況(雰囲気)をよく観察し、できるだけ安全そうな場所・時間帯を選びましょう。

3. 受け取り金額の確認

ごまかしや間違いがないとも限らないので、受け取ったその場で、相手の目の前で、キッチリと数えましょう。

4. 現金を人目にさらさない

金額に間違いのないことが確認できたら、すぐに、財布や複数のポケットに振り分けてしまいましょう。

5. 両替後の安全確認

両替直後はまとまった現金を持ってるのがバレバレで、狙われる可能性が高いので、サッサとその場を立ち去りましょう(あとをつけられないように!)。


【持ち金の現地通貨の%】

これは所持金全体のうちの何%を現地通貨に両替するか?という意味かと思いますけど、私はそういう考え方をしたことがありません。

その都度、必要な分だけ両替します。

私の場合、所持金のほとんどをUSドルにしていましたので、1回あたり100ドルというのがいちばん多かったです。

ただ、両替所がなさそうなド田舎に行く予定があれば多めに、その国での滞在日数が残りわずかであれば少なめに、といった感じで、数日先の予定を考えながら調整していました。

例えば、昔のラオスやカンボジアでは、最高紙幣でもかなり小額(1ドル未満)で、100ドルも両替したらものすごい札束になって、リッチな気分にひたれました(笑)。

・・・けれども、実際にはかさばってしょうがないので、少しずつこまめに両替していました。


尚、長期滞在の場合でも、基本的には同じやり方です。

でも、実は一度だけ、何を血迷ったのか、所持金1万ドルのほぼ全額を現地通貨(タイバーツ)に両替して銀行に預けたことがあるんです。

それからまもなくして、予期せぬ悲劇(アジア通貨危機)がおとずれ、アッという間に価値は半減してしまいました・・・(大泣)。

というわけで、途上国の現地通貨の大量所持はおススメしません!


2005年01月03日 21:33

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

グレゴリーのデイ&ハーフは機内持ち込みできる?

旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?

PEXとIT(格安航空券)の具体的な違い

日本国内のトラベラーズチェック(TC)の換金場所が激減中!!(2016年8月現在)


スポンサード リンク