バンコク・ドンムアン空港にて

【出発当日5】

そうこうしているうちに、飛行機はアッと言う間にバンコク・ドンムアン空港に到着してしまった。

オイオイまだ心の準備ができてないよー!と叫びたかったが、そうも言ってられないので、まわりの人々の流れに従って降機し、入国審査へと進んだ。

幸い心配していたようなことは何もなくスムーズに入国審査を通過し、預け荷物もなかったので、他の乗客たちよりも一足先に広い到着ロビーに出た。


スポンサード リンク



熱帯の暑くねっとりとした空気が私を包み込み・・・なーんてことは全然なくて、まだ空港内なのでエアコンがよく効いていた。

どっちへ行ったらいいかわからずキョロキョロしていると、待ってました!とばかりに、英語?で声を掛けられた。


「ж▼Ш○П□!!Я■△・・・??」


ハテ??何を言っているのか、マッタクわからないぞ・・・

近くのカウンターへ連れて行かれ、さらにまくしたてられ、何か手続きをしなければいけないような雰囲気。

何の手続きかがわからず、しかも後から出てきた他の乗客たちはどんどんどこかへ行ってしまうのに、何故に自分だけがつかまって、ここで手続きしなきゃいけないのか?何かマズイことでもしたのか?・・・と理解に苦しんだ。

必死になって、かなり長いあいだ真剣に彼らの説明を聞いているうちに、言葉がわからないなりにも、ようやくホテル予約の“勧誘”であるらしいことに気がついた。


な~んだ・・・

それならそうと早く言ってくれ!(ずっと言ってると思うけど)

必要ないから!


たぶん、私がものすごく真剣に話を聞いているので、これは脈アリと思って一生懸命売り込んでいたのだろう。

気の毒なことしたな・・・とは思いつつも、全くその気はなかったので、足早にそこを立ち去った。

これで一連の手続き?からは解放され、晴れて自由の身になったわけだ。

さあ、いよいよここからは自力で未知なる領域へと踏み出さねばならないゾ!


・・・しかし、外は真っ暗闇。

そう、深夜の到着だったのだ。

さすがに見知らぬ土地で深夜に出歩くほど無鉄砲ではなかったので、おとなしく空港内で夜明けを待つことにした。

まだ見ぬバンコクの喧騒に想いを馳せながら・・・。


« バンコクの正式名称 | バンコクへ行きたい!? »


2005年05月13日 17:20

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク