イスタンブールの日本語使いとトルコじゅうたん

【19-20日目】 トルコ・イスタンブール

トルコといえば、やはり「トルコじゅうたん」。

イスタンブールの街には、無数のじゅうたん屋がある。

しかし、貧乏旅行者には無縁のものだ。見るだけ。


街を歩いていると、現地人に“日本語で”話しかけられた。

おおっ!こんなところで日本語?と驚きながらしばらく話していると、なぜかじゅうたんの話になり、半ば強引に、じゅうたん屋に連れ込まれてしまった。


スポンサード リンク



店内に入るや否や、ドアをガチャンと閉められ、クーラーをカチッとつけられ、ジュースをホイと出され、じゅうたんの大説明演説会がはじまった。


・・・なんだ何だナンダっ???


ものすごい勢いで、次から次へと大小様々なじゅうたんを床に広げ、いかにそれが素晴らしいものであるかを力説する。

確かに、見事なじゅうたんだ。素晴らしい。

ひとしきり説明を終えると、店の人は言った。


「で、どれを買う?」


・・・ええっ? どれを買うかだって!?


どれも買うわけがない。買うつもりなどまったくない。

しかし相手はもう私が買うものと決め付けていて、要らない欲しくないといっても聞き入れず、これはどうだ?これならどうだ?と、さらに何枚ものじゅうたんを広げる・・。


まいったなぁ・・・


ドアをがっちり閉められていてほとんど監禁状態だし、ここで買わなかったら何かヒドイ目に遭うのかなぁ・・・と暗い気持ちになりつつも、とにかく要らないものは要らないので、要らない!買わない!とひたすら言い続けた。

相当しつこかったが、最後は相手も根負けして解放してくれた。


はぁ・・・ この手で買わされる日本人、きっと多いんだろうなぁ・・・


これで日本語使いが妙に多い理由がわかったが、せっかくの素晴らしいじゅうたんも、急に色あせて見えてきた。

もう、じゅうたん屋には近づかないようにしよう・・・。


しかし、その後もあちこちで日本語で話しかけられ、決まって最後はじゅうたんの話に行き着くのだった・・・・。


▼ 教訓

店内に入ってしまうとかなり形勢が不利になるので、とにかく買う気がないなら入らないこと。

って、かなり巧妙なので、知らないと難しいかもしれないけど。

トルコに限らず、海外で“日本語で”話しかけられた場合、まず“あやしい”と思って間違いないです。

私の経験では、日本語で話しかけてくる輩は、95%以上の確率で何らかの下心を持ってますネ。


« バンコクからの脱出 | 幻想的なサモス島 »


2005年09月16日 21:25

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク