アルルのはね橋

【32-34日目】 フランス Annot-MARSEILE-ARLES

ゴッホ『アルルのはね橋』立体複製画「アルルの森」とは別にもうひとつ、「アルル」に対するイメージが私の中にあった。

それは、ゴッホの描いた「アルルのはね橋」だ。

中学の図画の教科書の表紙が、この絵だった。

私はゴッホ独特の力強いタッチに、魅了されたのだった。


スポンサード リンク



ゴッホの描いたアルルのはね橋(たとえ空想であっても)想いが具体的で強ければ、不思議と願いは叶うもので、私は結局「アルル」にたどりつくことができた。

ゴッホが描いた「アルルのはね橋」の実物も、この目で見ることができた。

「はね橋」は町から少し離れたところにあり、田園風景の中をてくてく歩いてゆく。


「それにしても、森がないなぁ・・・」(と、首をかしげながら・・・(爆))


木製の「はね橋」は当時の雰囲気をそのままに残し、しかし老朽化し、想像よりはずっと小さなものだった。

一応観光名所?のようで、他にも観光客がチラホラいたが、自然に囲まれ、とてものどかな雰囲気。

ゴッホでなくとも、画の一枚も描きたくなるというものだ。


« アルルの森? | エッフェル塔 »


2005年11月25日 20:14

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク