エッフェル塔

【37日目】 フランス・パリ

エッフェル塔からの眺め「華の都」パリ ・・・なんて、誰が言ったのだろう。

どんよりとした灰色の空に、都会の喧騒。そして小便の臭い・・・。

華やかなイメージとは裏腹に、あまり良い印象はなかった。

日帰りでスペインまで足を伸ばしていたため、二晩続けて夜行列車に乗り、少々疲れてパリに到着。

しかしパリに長居するつもりはなく、見たいものだけ見てサッサとイギリスに向かうつもりだった。

パリで私が見たかったもの、私の貧弱な知識の中から浮かびあがってきたものとは・・・


「エッフェル塔」「ノートルダム寺院」 ・・・この二つだけ(笑)。


スポンサード リンク



エッフェル塔は人に聞くまでもなく、遠くからでもすぐにわかった。

駅からは結構距離があるようだったが、節約のため歩く。


数時間かけて、エッフェル塔に到着。

「ナントカと煙は高いところが好き」というように?やはり上にのぼってみたくなった。

エレベーターもあったが有料だったので、またしても節約のため歩いて階段をのぼる。

すでにかなり疲れていたが、30分ほどかけて、一気に登りつめた。

マラソンを完走したときのような(したことないけど)達成感があり、また、パリ市内を上空から見下ろすことで、なんとなくパリを「制覇した」ような気分になり、パリはもうこれだけで満足してしまった。


そしてほとんど休む間もなく、またまた歩いて階段を降り、さらに駅まで歩く・・・。


« アルルのはね橋 | おそろしく物価の高いロンドン »


2005年12月03日 15:01

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク