観光目的の長期海外旅行保険

海外旅行に2年来月より行く予定です。

海外旅行保険A○Uさんに保険を申し込もうとしたところ、旅行だけの保険は3ヶ月以内しか受け付けてないといわれました。

旅行だけで入れないものでしょうか・・?


スポンサード リンク



確かに、留学や出張以外の目的での長期加入は難しくなってきているようですね。

最近同じような質問が多くて気になっていましたので、本日、大手3社に直接電話して聞いてみました!(観光目的の長期海外旅行を前提として)


結論から言いますと・・・

A○Uを含む2社は6ヶ月未満まで。

残る1社は最長5年までOKとのことでした!

A○Uは即答でダメ!って感じで、電話では交渉の余地もなし。
他2社は即答できず、調べた上で折り返し電話というパターン。

折り返しの電話で細かい点を突っ込むと、また折り返し…となり、どちらもなかなか明確な回答が得られませんでした。

でも、最終的には一方はダメで、もう一方はある程度の条件は付くもののOKとなりました。


一度聞いただけであきらめず、何度でも、いくつもの代理店・保険会社に聞いてみるものです。

今回は参考程度に聞いただけだけれど、もしも私が当事者なら、通常はもっとたくさん、もっと激しく聞きまくります。

ダメだと言われたなら、


 ・何故ダメなのか?
 ・法律で決まっているのか?
 ・社内で規定があるのか?
 ・約款には具体的にどう書かれているのか?
 ・代理店の裁量なのか?
 ・ほかの代理店でも同じなのか?


…などなど、納得いくまで聞きまくって調べまくります。

私の場合、これは海外旅行保険に限ったことではなく、旅や人生に対してもまったく同じ姿勢で臨みます。

結果、当初は不可能と思われたことでも、目的を達成してしまっていることがほとんどだったりします。

「絶対にできる!」「できないはずがない!」という信念を持って突き進むと、何か説明のつかない不思議な力が働いて、不可能を可能にしてしまうのは実際よくあることです。


…あれっ? 話が飛躍しすぎ?(笑)

でも、真理ですよ。


2006年01月06日 18:51

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

グレゴリーのデイ&ハーフは機内持ち込みできる?

旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?

PEXとIT(格安航空券)の具体的な違い

日本国内のトラベラーズチェック(TC)の換金場所が激減中!!(2016年8月現在)


スポンサード リンク