トラベラーズチェックの使い方

海外旅行のことは何にもわからないので教えてください。

心配なことはいろいろありますが、まずは通貨のことについてお尋ねします。

単刀直入に言うと、「トラベラーズチェック」というものが、いろんなサイトや本の説明を読んでも、ピンときません。そもそも小切手というもの自体に馴染みがないもので…。

具体的な使用の方法を、例などをあげて説明していただけるとありがたいです。また、現地で両替をして使うこともあるといいますが、これも具体的にはどのようにしたらよいのでしょうか?


スポンサード リンク



トラベラーズチェックというのは「旅行者小切手」のことなんですが、確かに、「小切手」なるものになじみのある日本人なんて、ほとんどいないでしょうね。

わかりやすく言えば、トラベラーズチェックというのは「盗難保障付きのお金」です。


具体的な使用方法は・・・


1. まず、トラベラーズチェックの券面には署名(サイン)欄が2ヵ所ありますので、購入直後にそのうちの1ヵ所にサインします。これをしておかないと、何かあっても再発行してもらえませんので、必ず事前にしておきましょう。

※2カ所とも事前にサインしてしまってはいけません。
※パスポートと同じサインにしておくべきです。

2. 使用の際には、パスポートの提示が必要になります。さらに、相手の目の前で、もう1ヵ所にサインをする必要があります。これは、パスポートと同じサインをスムーズに書けるかどうかで、本人確認をする意味があります。

3. 現金と同じようにそのまま使うか、もしくはその日のレートで現地通貨に交換(両替)して現金化します。

※一般のお店などでトラベラーズチェックがそのまま使えるのは世界広しといえどアメリカくらいのもので、通常は銀行や両替商で現金(現地通貨)に交換して使います。
※大金を一度に交換するとその時点で現金と同じリスクが発生し、T/Cで持っていく意味がなくなってしまいます。なるべくこまめに交換しましょう。


・・・こんな感じですけど、まだピンとこないかもしれませんね(汗)。

説明が非常に厄介なのは、いろんな通貨建てのトラベラーズチェックがあり、それをどの国でどんな状況で使うかによっても説明が変わってくるからです。

通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンドなど主要7通貨のトラベラーズチェックがあり、額面も小額から高額まで3~4種類づつあります。

トラベラーズチェックの手数料を安く購入する方法


2006年02月10日 21:23

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周の資金、言語の壁、タイでの住む場所やお金など

デイアンドハーフに全ての持ち物を収納できる?

グレゴリーのデイ&ハーフは機内持ち込みできる?

旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?


スポンサード リンク