帰国日が未定の場合、航空券はどうする?

バックパック旅行でいつ帰るか未定の場合、帰りのチケットはどうするのですか~


スポンサード リンク



長期の海外旅行で帰国日がどうしても決められない場合は、

 1. オープンチケットにする。
 2. 片道航空券にする(帰りの航空券は現地で購入)。
 3. 往復格安航空券の片道を破棄する(帰りの航空券は現地で購入)。

のいずれかになると思います。


オープンチケットというのは、帰国便の予約をせずに発券できる種類の往復航空券で、その航空券の有効期限内であれば(空席があれば)いつでも乗れて、予約発券後の変更も自由にできます。

ただし、自由度が高くて便利な分、料金もかなり高めです。

よくある格安航空券というのは、購入時に帰国便も予約しなければならず、発券後は変更等一切できない種類の航空券(FIX航空券)であることがほとんどです。

制約が多くて不便だからこそ、料金も格安になっているんですね。


片道航空券の場合は、基本的には格安航空券というものはないので、格安の往復航空券よりも逆に高くなってしまうことさえあります。

また、通常ビザが免除される国であっても、片道航空券での入国の場合はビザが必要になることもありますので、注意が必要です。

あと、当然ながら現地で帰国用の航空券を探して予約・購入する必要がありますので、不慣れな場合はちょっと大変かもしれません。


格安航空券の片道破棄(行きだけ利用して帰りの分は捨てる)は、あまり推奨しません。旅行会社によっては、「破棄した場合は正規料金との差額を請求する」としているところもあるからです。

まあ実際に請求されたという話は聞いたことがないんですけど、そこまで念を押すような旅行会社は避けるべきでしょう。探せば認めてくれるところもあるかもしれません。

差額云々は主に旅行会社側の問題ですから、旅行会社を通さずに航空会社から正規割引航空券(PEX)を直接購入すれば問題ないように思います。料金的には格安航空券より若干高くなりますが。


2007年06月01日 09:20

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

グレゴリーのデイ&ハーフは機内持ち込みできる?

旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?

PEXとIT(格安航空券)の具体的な違い

日本国内のトラベラーズチェック(TC)の換金場所が激減中!!(2016年8月現在)


スポンサード リンク