格安航空券って安全?

格安航空券とは安全なのでしょうか?

格安と言うからには何かしらの理由があるのだの思うのですが・・・


スポンサード リンク



“安全”という言葉には2通りの意味があると思います。

ひとつは飛行機自体の安全性(落ちたりしないか?)、もうひとつは旅行会社の経営の健全性(倒産したりしないか?)です。

前者の場合は、格安航空券であれ正規普通運賃であれ乗る飛行機は同じなので、安全性は変わらないと言えます。(航空会社の違いによる安全性の差異は多少あると思います)

後者の場合は、格安航空券を販売している旅行会社によります。

飛行機に乗ってしまえば格安航空券でも正規普通運賃でも客としての扱いは同じなんですけど、旅行会社の資金繰り悪化や倒産等により、お金を払ったのに飛行機に乗れない、といった事態も起こりうるわけです。

そんな最悪の事態を避けるためには、危ない旅行会社の見分け方を知っておく必要があります。以下のサイトを参考にしてみてください。

安全性で選ぶ!激安航空券


ちなみに、格安航空券というのは、各旅行会社が団体料金で仕入れた航空券をバラ売りにしているものです。

だからもともと格安なんですけど、航空券の性質上、一旦仕入れたものは売れなければただの紙くずになってしまいます。

となると、旅行会社としては安くてもいいからとにかく売ってしまいたいので、売れなければさらに料金を下げます。出発直前や時期によって激安料金が出てくるのは、こういった理由からです。


2008年02月01日 19:27

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周の資金、言語の壁、タイでの住む場所やお金など

デイアンドハーフに全ての持ち物を収納できる?

グレゴリーのデイ&ハーフは機内持ち込みできる?

旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?


スポンサード リンク