円高のうちに米ドルを両替しておくべきか

Q今、円高の状態が続いていますが、今のうちにUSドルを両替するのは本当に得なのだろうかということです。

今はまだUSドルが幅を利かせていて、国によっては、USドルからしか現地通貨に両替できないところとか、現地通貨をもっていなくてもUSドルで買い物ができるところとかがあって、持っていれば何かと融通が利いて便利だと思うのですが、昨今の経済状況から考えると、今後持っていても今ほどの便利さでなくなるようであれば、あえて今両替するのはどうなのかなと思っています。

実はイエメンに行こうかと考えていて、聞いた話ではUSドルからしか両替できないと聞いたことがあったもので、それが本当なら今のうちにしておいてもいいなあとか、行くときに使えない事態になっていたら損するなあとかいろいろ考えて、時間だけが過ぎています。

もしカオルさんに遅くても半年後までに海外旅行の予定があるとすれば、今のうちから両替しておきますか?


スポンサード リンク



A>行くときに使えない事態になっていたら損する

米ドルが使えなくなることはまずあり得ないと思います。


>もしカオルさんに遅くても半年後までに海外旅行の予定があるとすれば、今のうちから両替しておきますか?

私なら一部を両替しておきますね(手持ちの余裕資金があれば)。

ドル円の史上最安値は1995年4月につけた79円75銭で、88~90円台(2009年1月現在)はそれに非常に近いところに位置していますので、何かの拍子に一気に(瞬間的に)接近する可能性もあります。

ただし、一気に安値をつけた後は一気に戻す傾向があるため、銀行の窓口で最安値のレートで交換するのはほぼ不可能でしょう。
※FXの口座であれば可能です。

今後は79円近辺で止まって反転するのか、そこで止まらずにさらに下落するのか、そこまでいかずに上がっていくのか、いずれも可能性はあり、どうなるかは誰にもわかりません。

ですから、米ドルの買い(両替)時を逃したくないのであれば、(今より下げたら)少しずつ何回かに分けて両替していき、平均を下げていくのがベターな方法ではないかなと思います。


2009年01月16日 10:05

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

グレゴリーのデイ&ハーフは機内持ち込みできる?

旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?

PEXとIT(格安航空券)の具体的な違い

日本国内のトラベラーズチェック(TC)の換金場所が激減中!!(2016年8月現在)


スポンサード リンク