中国バックパック旅行の宿、保険、交通手段

Qかおるさんへ

はじめまして.現在大学生で,2月2日から1週間だけ,中国をバックパック旅行したいと思っているものですが旅行について先人の知恵を教えていただきたく,ご連絡させていただきました.

まず始めに,簡単なプロフィールと,旅行の予定を載せます.

【プロフィール】
海外旅行経験は2年前に短期語学研修で中国の湖南省に4週間だけ行きました.(ただ,中国語の自信は皆無です)

【旅の予定】
最初は北京か上海から当時の留学仲間と一緒に寝台列車を使って湖南省の長沙というところまで行き,留学時代の友達の家に泊めてもらったあと,長沙から一人,陸路で寄り道(バックパック旅行)しながら行きと同じ空港まで戻って日本に帰ってこようと思っています.

お聞きしたいことは「宿」と「保険」と「交通手段」についてです.

1,宿は,安い宿(ゲストハウス?)を希望しています.(一泊千円程度かそれ以下)片言の日本人が予約なしで泊まれる宿というものは中国には それなりにあるものでしょうか?また探し方,泊まり方は旅のQ&A(全般)に書いてあるゲストハウス方式で問題ないでしょうか?

2,保険についてですが,大学生協でTuoカードというクレジットカード(「三井住友カード株式会社」や「PLUS」という単語が裏面に書いて あり,表面にVISAと書いてあるカード)をつくっており,これに自動的に付帯される保険を使おうと思っています.ネットで調べたところ

傷害/死亡後遺障害 2000万円
傷害/治療費用 50万円
疾病/治療費用 50万円
携行品損害 10万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 50万円

と書いてありました.この内容でたいていのけが,病気,事故,盗難等はカバーできるものなのでしょうか?これとは別に3000円代で入れる生協お勧めの保険があって,無難にこちらに入るべきか,悩んでいます.生協のトラベルセンターにも問い合わせるつもりですが,まず間違いなくお勧め保険を勧められると思うので,第三者のご意見をお聞きしたいです.

3,交通手段は漠然と「鉄道」とだけ考えていますが,自力で中国の鉄道に乗るのは初めてで,小学生が初めて一人で電車に乗るような心境(?)です.なにか,日本とは異なった乗り方などあるのでしょうか?ご存知でしたら教えていただきたいです.またそのほか現地で使える移動テクニックなどあれば教えていただきたいです.(「ヒッチハイク」という手法は危険なのでしょうか?)

ご質問したいことは以上です.長文乱文失礼しました.


スポンサード リンク



A以前"中国の寝台列車で気をつける事と深センの治安・言葉"でも現地情報をご提供くださった中国上海在住のマーリさんにお聞きしたところ、以下のような回答をいただきました。


(ここから)

1. 宿について

●中国各都市には、必ず安い宿(1泊100元前後)はあります。大きめの列車ターミナル、長距離バス停などへ行くと旅行案内カウンターがありますので、「請介紹我最便宜的住宿、謝謝(一番安い宿を教えて下さい)」と書いた紙を 見せれば対応してもらえると思います。「没有(無い)」と言われても諦めちゃダメです。駅前のバイタクのおじさんに聞いてみると、知り合いの宿屋へ連れて行ってく れる場合があります。どちらにせよ、事前の値段交渉は必須です。他は旅のQ&A泊まり方の方法で全く問題ないと思います。

●参考までに、私が09年秋に桂林(長沙と同じ内陸の街)へ行った時、観光地ド真ん中のゲストハウスが80元/日(1人部屋)でした。予約なし可、外国人も可。欧米人がいっぱい居ました。

2. 保険について

●ごめんなさい、分かりません!

●参考までに、Tuoカードの保険の内容は、私が現在中国で入っている保険の内容とほぼ同じです。今のところこれで問題が起こったことはありません。というか、これらが支払われるようなアクシデントがまだありません。

3. 交通手段について

●列車の当日チケットを、出発駅の窓口で並んで買うのはかなりギャンブルです。小一時間ほど並ぶのはザラですし、並んでもチケットがあるとは限りません。可能な限り、在中国のご友人に事前購入をお願いした方が良いかと思います。
・列車検索 http://www.piaojia.cn/huoche/
・列車チケット手配 http://www.yandm.com.cn/train/

●列車の乗り方は、発車時間の15分ほど前までに駅構内へ入り飲み物、おやつ(ヒマワリの種が王道)などを買い込み駅構内の電光掲示板の待合室案内(例:D123上海-南京12:35 3号待合室)に従い待合室に入り、ゲートが開いたら列車に乗りこみます。列車内、列車を降りるときは日本と同じです。

●列車以外に、長距離バスが安くて便利です。中国語では「長途汽車」といいます。大体、列車駅の周囲には長距離バスチケット売り場があったりします。
・長距離バス検索 http://www.piaojia.cn/changtu/

●ヒッチハイクは・・・多分世界中どこでも危険なのでは?

4. その他

●2010年2月14日が春節(旧正月)の元旦です。春節元旦の1週間前くらいから、出稼ぎ農民の里帰りラッシュが始まります。中国沿岸部の都市から内陸への列車チケットが、1年で一番取りにくい時期です。列車のチケットが取れなかった人は、長距離バスに殺到します。今回の旅で一番の懸念事項は「交通手段の確保」だと思います。

ここまで言っておいてナンですがまぁ、トラブルも旅の楽しみのひとつですから、何から何まで予約して行くのもナンセンスな話かも知れませんね。これらの状況を頭に入れて、臨機応変に対応して下さい。

(ここまで)


以下は私からの補足です。

>2,保険について

もっとも必要なのは疾病(病気)・傷害(事故)の治療費用ですが、中国国内での盲腸手術の総費用が高くても10万円程度のようですから、よほどのことがない限り50万円の補償額でカバーできるかと思います。

ご参考:海外医療事情実例

携行品損害(盗難)が10万円の補償額でカバーできるかどうかは、何をどれだけ持っていくかによります。

例) 2年前に購入した4万円のデジカメを盗られた場合
40000-3000(免責)-8000(減価償却)=29000円
が戻ってくる計算になります。※減価償却は概算。

安心のためにもう少し補償額を増やしておきたい場合は、掛け捨ての海外旅行保険に入るのもわるくはないですが、“発行会社の異なる”クレジットカードを複数枚持つことで増額する方法もあります。

ご参考:海外旅行保険を格安にするカード


>(「ヒッチハイク」という手法は危険なのでしょうか?)

乗せてくれる相手次第となりますが、相手が善人であるとは限りませんし、善人かどうかを見極めるのも困難ですよね。わずか数十円、数百円の節約のために?わざわざ命を危険にさらすこともないでしょう。世界各地でやってる人はいますが…オススメはしません。

ご参考:海外でヒッチハイクしたことある?


2010年01月24日 10:45

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

目的はないけど強い印象を残してくれる場所に行きたい

バックパッカーはビザがいらない? - 中国ビザの延長方法

中国ツアーに服用中の処方薬を持参しても問題ない?

片道航空券でミャンマー入国は問題ない?

冬のチェンマイの気候、長期滞在ビザ、物件など


スポンサード リンク