中国で銀行ATMから偽札が出てくる事件が頻発

Q※旅行相談ではありませんが、いつも中国の現地情報を提供してくださっている上海在住のマーリさんより、中国を旅行予定の方へ向けて注意喚起のメールをいただきましたので、ご紹介します。


概要は以下のとおりです。

------------------------
[在上海日本国総領事館]
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/life/new111102-j.html
(リンクは上海領事館ですが、事件は中国全土で起きています)
■ATMで現金を引き出した際、その中に偽札が混じっている事件が複数件発生しており、現地の警察は対応してくれないので注意すること、という内容です。
------------------------

実際私の同僚の日本人も、有名企業が入っているオフィスビルの1Fに置かれている銀行ATMから1000元(100元札×10枚)を引き出したところ、内3枚が偽札だったということがありました。

警察に通報すると「偽札を確認した場合は、ATMの前を離れずに通報して欲しい。一旦機械から現金とカードを抜き取りATMを離れてしまうと、偽札がATMから出たものかどうかの判別が出来なくなるため、対応不可」との返答でした。同僚は結局泣き寝入りです。

また、これは皆で大笑いしたのですが、なんと偽札は裏の絵柄(100元札/表:毛沢東、裏:人民大会堂)のうち、人民大会堂だけがすっぽりと抜け落ち「空白」になっていたのです!こんな分かりやすい偽札ぐらい気づけよ!と皆で笑いましたが実際、ATMから出たお金をいちいち裏表確かめたりしませんよね・・・。

中国以外でも発生する可能性のある事件ですので、警察対応の予備知識としてもお役立て下さいますと幸甚です。

以上、長くなってしまいましたが老婆心ながらご注意申し上げます。


スポンサード リンク



AATMが信用ならないというよりも通貨そのものの信頼が揺らいでしまう出来事ですね。

ATMを避けて対面で受け取ったとしても偽札が紛れてないとは限りませんし、初めて中国元を目にする旅行者にはまず真偽の判別などつきません。

上述のようなわかりやすい偽札ばかりでもないでしょうから対策のしようがない感じもしますが、(わからないながらも)その場でひと通り表裏を確認して明らかにおかしな紙幣があればその場で警察に連絡するのが最善、ということのようです。

ただし、ATMから現金を引き出した直後は狙われやすいので、そこに留まって現金を人前にさらすのはまた別のリスクを伴います。できる限り安全な場所に設置されているATMを利用するよう心がけてください。


>中国以外でも発生する可能性のある事件ですので

今のところ他の国では聞いたことがありませんが、可能性はありますよね。

偽札以外でも「(残高は減っているのに)お金が出てこなかった」「カードが飲み込まれた」等のATMでのトラブルは、即時その場で申し立てるのが原則です。ATMを離れてしまった後や帰国後では立証・調査が極めて困難ですから。

クレジットカードのキャッシングやインターナショナルキャッシュカードを利用される方はくれぐれもご注意ください。


…余談ですが、旅行者の間では「中国は偽札が多いから気をつけろ」と昔からよく言われていました。

私は幸いにも一度も遭遇したことはないのですが、もしかしたら気づかなかっただけかもしれません。


2012年03月13日 10:24

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

目的はないけど強い印象を残してくれる場所に行きたい

バックパッカーはビザがいらない? - 中国ビザの延長方法

中国ツアーに服用中の処方薬を持参しても問題ない?

片道航空券でミャンマー入国は問題ない?

冬のチェンマイの気候、長期滞在ビザ、物件など


スポンサード リンク