陸路ベトナムから空路インドネシア、フィリピン(セブ)へ

Q2013年の2月下旬か3月に東南アジアを1人旅しようと思っています。海外旅行はハワイに一度だけツアーで行った事がある位で、海外初心者の質問で、申し訳ないです。

予定や希望はベトナムに入り。カンボジア、タイ、シンガポールまで、陸路で、空路でインドネシア、途中か最後でも良いので、フィリピンのセブによりたいです。

期間は決めていません。ビザの関係もあると思いますが、出来るだけ長く行きたいです。予算は30万円。貧乏旅行で、早いペースで回るのであれば、金額、時間的に可能なのでしょうか?

航空券の、こういうケースなら、どう購入すれば良いのか、教えていただければありがたいです。色々自分でも調べているんですが、わからない事だらけですいません。よろしくお願いします


スポンサード リンク



A>ベトナムに入り。カンボジア、タイ、シンガポールまで、陸路で

初めての海外でカンボジアからタイへ陸路で国境を越えた方のブログを参考にしてください。ベトナムからシンガポールまでの4つある国境越えのうち、もっとも難易度が高い箇所です(本来は初心者向けルートではありません)。


>貧乏旅行で、早いペースで回るのであれば、金額、時間的に可能なのでしょうか?

滞在期間を短くするなどして調整すれば可能です。


>航空券の、こういうケースなら、どう購入すれば良いのか

(1) 日本→ベトナム/フィリピン→日本の往復航空券(※オープンジョー:往路の目的地と復路の出発地が異なる航空券)を利用し、シンガポールからセブまではLCC(格安航空会社)を別途手配。

(2) 日本→ベトナムの往復航空券を利用し(自己責任で復路放棄)、シンガポール以降はLCCでつないでいく。

などの方法がありますが、インドネシア~セブ間のアクセスは良くない(おそらく直行便はない)ので、LCCなどでうまく乗り継いで行けるかどうか調べてみてください。

▼LCC(格安航空会社)の例
エアアジア
セブパシフィック航空
エアフィルエクスプレス

【注意点】
・LCCは突然フライト変更・キャンセルになることがよくあります。日程には十分余裕を持たせておいてください。
LCCのデメリット
・ビザ免除の国でも「出国チケットの所持」が要件になっているケースが多く、片道航空券でビザなしの場合は搭乗拒否や入国拒否もあり得ます(ベトナム、インドネシア、フィリピンなど)。例えば上記(1)の方法では出国チケットを持っていることにならないため、ベトナムのビザが必要です。
搭乗拒否と入国拒否の解決方法


ご質問の続き“バンコクinシンガポールoutの往復航空券でビザなし入国


2013年02月04日 07:44

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

目的はないけど強い印象を残してくれる場所に行きたい

バックパッカーはビザがいらない? - 中国ビザの延長方法

中国ツアーに服用中の処方薬を持参しても問題ない?

片道航空券でミャンマー入国は問題ない?

冬のチェンマイの気候、長期滞在ビザ、物件など


スポンサード リンク