将来世界中を旅して暮らしたい中学生が今すべきこと

Qあたしは将来、世界中を旅して暮らしたいのです。それで、そこまでには準備が必要だと思うのは良かったと思うのですが、なにをすればよいのかわかりません。今、進路のことを考える、時期になってきました。どうすればいいのでしょうか?


スポンサード リンク



A>世界中を旅して暮らしたい

旅と暮らしに欠かせないのは【お金】です。

世の中お金がすべてではないけれど、旅して暮らすには絶対的に必要なものです。どれくらいの金額が必要なのかは、旅や暮らしの内容と期間によります。

現地で働きながらというのは容易なことではないので、日本で働いて貯めたお金で旅をするのが最も現実的な方法です(実際そのようにしている人が大半です)。


お金を得るには【仕事】が必要です。

アルバイト、派遣、正社員などの雇用形態がありますが、目先のお金を貯めるだけならアルバイトか派遣が有利です(辞めやすいという点でも)。

ただし、アルバイトや派遣は職歴としてはほとんど評価されないので、(いずれ就職するつもりなら)将来的には大きなマイナスとなることを覚悟しなければなりません。

どんな仕事にするかは、

・(割りきって)時給の良いものを選んで短期間で貯める
・(旅先や実生活でも活かせる)技術を身に付けられるものを選んでじっくり貯める

のどちらか。

とにかくすぐに旅に出たいのなら前者、旅とその後の人生を実りあるものにしたいなら後者、です。


旅と暮らしには【語学】も重要です。

実際には全くできなくても海外旅行や海外生活はできますが、旅行者同士の情報交換や現地の人との交流ができないと、労多くして深みのないものになってしまいます。

ただし、語学のマスターに固執しすぎて最初の一歩が踏み出せなくなる人もいるので、ほどほどにしておくこと。

語学は旅しながらでも十分身に付けられるものです。最低限、中学で習う英語だけでも完璧にマスターしておけば、世界中どこに行っても(とりあえずは)困りません。


さて、進路の問題です。

【お金】とそのための【仕事】、そして【語学】が必要なのは上に述べた通りですが、私が実際に海外旅行や海外生活を通じて痛感したのは、日本に関する【知識】と【学歴】の有無です。

海外に出ると(好むと好まざるとにかかわらず)自分が日本人代表であるかのように感じられることが多々あり、日本人であることを強く意識させられます。周りがそのように見るからです。

例えば、日本語(漢字・文法など)や日本の歴史・地理・文化について現地の人から突っ込んだことを尋ねられた時に、こたえられるかどうか。こたえられないと、とても恥ずかしい思いをします。

旅に学歴は不要。とはいえ、現地で働いて暮らすとなると話は違ってきます。海外では日本以上に学歴重視の国も少なくありません。仕事を探す際、低学歴だと明らかに不利になってしまいます。


つまり、今は日本人としての素養を磨き、進学して勉学に励むことが第一だと思うのです。


2013年06月17日 11:40

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周の資金、言語の壁、タイでの住む場所やお金など

デイアンドハーフに全ての持ち物を収納できる?

グレゴリーのデイ&ハーフは機内持ち込みできる?

旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?


スポンサード リンク