トラベラーズチェック(T/C)販売終了後、現有T/Cの利用方法

Q今回の情報提供(トラベラーズチェック(T/C)が販売終了)ありがとうございます。

カオルさんも、TCご利用とのことですね。私も従来から、TC購入して一部利用中です。
(以前、欧米旅行中に、一部の国でTC受取拒否の体験あり)

そこで、一つご相談あります。

実は、TC(主に米国ドル)を約●千ドル(●0万円相当で購入)ありますが、どのように対応したほうが得策でしょうか。
(案;国内の銀行で売却の可否、早急に使い切る、その他の方法・・・)

今回のカオルさんからの情報によれば、「今後、販売終了はするが、利用可能」とのことですが、益々、世界各地でのTC受取拒否、ということにならないでしょうか。


スポンサード リンク



A【追記】
2016年8月時点の情報をアップしました。
トラベラーズチェックの換金場所が激減中!!

※以下の回答は2013年11月時点のものです。現在は状況が大きく異なっていますのでご注意ください。


>(以前、欧米旅行中に、一部の国でTC受取拒否の体験あり)

これは銀行・両替商での交換ではなく、免税店などでそのまま使用した場合の話ではないでしょうか。もしそうであれば、T/Cを受け取らないお店は珍しくありません。
※T/Cは銀行か両替商で現地通貨のキャッシュに交換してから使うのが本来の使い方です。

もし銀行での受取拒否だとしたら、由々しき問題ですね。


>どのように対応したほうが得策でしょうか。

実は私はその2倍以上の金額をT/C(すべて米ドル)で持っておりまして…どうしたものかと思案中です。


>国内の銀行で売却の可否

日本国内の銀行で売却することは可能です。ただし、買取レートをよく見て判断してください。

購入時の販売レートが1ドル=100円であれば、発行手数料(2%)も考慮すると買取レートが1ドル=102円以上でなければ損をすることになります。どうせなら損しない程度のレートで売却したいものですよね。

ちなみに私は当初は(海外旅行に使わなければ)1ドル=120円になるまで持っている予定でした。今は少し考えなおして1ドル=110円を超えたら売却しようかと思っています。
※この先円安になるという保証はどこにもありません。


>早急に使い切る

そこまで急ぐ必要はないと思いますよ。日本では販売終了しますが、(アメックスによれば)世界各国では販売継続するとのことですから、今後もアメックスが存在する限りT/Cは存続し、保証されます。

早急でなくても(優先的に)海外旅行で使うのがベターではないでしょうか。元々そのつもりで購入されたはずですし、円転してしまってからやっぱりT/Cの方が便利で良かったと思っても、もう手に入りません。私も今は予定がないけれど、いつか行くかもしれない日のために、まだしばらくはT/Cのまま持っているつもりです。


>その他の方法

日本国内の銀行で外貨預金にする方法があります。ドルのまま保有しておき、タイミングを見計らって円安時に円転すれば(うまい具合に円安になれば)損を避けられます。

●シティバンクの場合

預入時:手数料無料
※残高が20万円相当額以上ないと月額2,100円の口座維持手数料が発生。
円転時:仲値-1円のTTBレートを適用(=1ドルあたり1円の手数料)

●三菱東京UFJ銀行の場合

預入時:1ドルあたり0.14円の手数料
※料率は変動する場合がある。
円転時:仲値-1円のTTBレートを適用(=1ドルあたり1円の手数料)
※ネット取引なら1ドルあたり25銭の手数料。ただし、レートはリアルタイムに変動するため不利になるケースも。


2013年11月10日 22:15

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?

PEXとIT(格安航空券)の具体的な違い

日本国内のトラベラーズチェック(TC)の換金場所が激減中!!(2016年8月現在)

海外旅行傷害保険が180日間有効なクレジットカ ード

タイ5日間、帰国後5日後にイタリア、パリ10日間の旅は無謀?


スポンサード リンク