ヨーロッパ往復+片道航空券で搭乗拒否や入国拒否はない?

Q今年新婚旅行で旦那と2015年9/16~9/28でヨーロッパ旅行に行く予定です。

9/16-9/2こ8で東京⇔ローマの往復チケットを購入したのですが、
ローマ9/16 1泊し、 ローマからパリへ
パリ9/17-9/21発 4泊     オルリー空港からバルセロナへ
バルセロナ9/21-9/23発 2泊して  バルセロナから ミュンヘン
ミュンヘン9/23-9/26発 3泊  ミュンヘンからローマ
ローマ 9/26-9/28出発 2泊  ローマから日本へ帰る予定で考えています。

それぞれローマ→バルセロナ→ミュンヘン→ローマは片道航空券を購入する予定なのですが、この購入の仕方で搭乗拒否や入国拒否などの問題は起こらないでしょうか。

お忙しいとは思いますがご回答よろしくお願いいたします。


スポンサード リンク



A>それぞれローマ→バルセロナ→ミュンヘン→ローマは片道航空券を購入

パリの区間が抜けていますが、ローマ→パリ→バルセロナ→・・ですよね?(その前提で)事前にすべての区間を予約してあれば問題ありません。

例えば、フランス入国時にフランスから第三国への出国チケット(パリ→バルセロナ)がない状態だと、(可能性は低いながらも)搭乗拒否や入国拒否がありえます。

ただ、その場合でもシェンゲン圏内から日本への帰国チケット(ローマ→日本)を持っていれば、大丈夫かと思われます(保証はできませんが)。


2015年06月30日 10:32

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

バウチャーなしのロシアビザで入国は可能?

モスクワでの乗り継ぎとアテネでの待ち合わせ場所

シェンゲンビザの制限を超えてヨーロッパに5カ月間滞在する方法

自由行動は何をしたらいい?現地にいけば吹っ切れる?

アイスランドを一周してローマから日本へ帰る格安航空券


スポンサード リンク