スターアライアンス世界一周航空券(ビジネスクラス)でSFC修行

Qメルマガをとても楽しみにしています。夫婦で世界一周旅行を夢みる私です。また、ANAスーパーフライヤーズ取得希望です。

円安なためか急に海外旅行が高く感じられます。JALのビジネス料金は特に高く以前のように旅行出来ません。

スターアライアンス世界一周旅行29000マイル,34000マイルビジネス料金はとても魅力的に感じられます。

家族の都合で、アジアで一回帰国して2回にわけて旅行するプランと一度で旅行するプランと2つの方法を考えています。

主人はスイスとバリが大好きです。私はバリが好きです。イタリアにも行ってみたいです。またクアラルンプールの知人を訪問したいです。

2度に分けるとして成田を起点希望ですが、大阪→バンコク→クアラルンプール→シンガポール→デンパサール→ジャカルタ→成田→パリ→チューリッヒ→ロサンゼルス→ホノルル→成田

デンパサール~ジャカルタはガルーダになるので無理ですか?2回に分ける場合のルートの作り方など分からないことが沢山あります。

米国内が不安です。英語力もありません。沢山の質問ですみません。

距離はあってももっとシンプルな行程の方が体は楽かもしれません。29000マイルでは、ANAスーパーフライヤーズ取得は無理だとも思います。一年間のポイントで決まるのでしたでしょうか?スーパーフライヤーズ取得の方法論等もよろしかったら教えてください。

旅費の総額はかなりになると思い悩みますがチャレンジしてみたいです。夢を実現出来たら主人はとても喜ぶと思います。長々とすみません。とてもためになるメルマガに出会えありがたく思います。


スポンサード リンク



A>メルマガをとても楽しみにしています。

ありがとうございます。


>大阪→バンコク→クアラルンプール→シンガポール→デンパサール→ジャカルタ→成田→パリ→チューリッヒ→ロサンゼルス→ホノルル→成田

Book and Flyで実際に旅程を作成してみたところ、「旅行の計画」画面では問題なく作成できたものの、次の「フライトの選択」画面では途中エラーが出て先に進めませんでした。

一度経由している成田(東京)を最終目的地とするのがいけないようで、最終目的地を大阪(東京経由)や名古屋(東京経由)に変更してみたら通りました。


>デンパサール~ジャカルタはガルーダになるので無理ですか?

スターアライアンス世界一周航空券でガルーダ・インドネシア航空を利用することはできませんが、シンガポール航空を利用すれば「デンパサール/シンガポール/ジャカルタ」という経路でいけますよ。

ただし、ものすごく遠回りになるため、最短乗り継ぎでも6時間前後かかります。

そこまで時間をかけたくないという場合は、デンパサール/ジャカルタを「サーフェスセクター(陸路区間)」として自己負担でガルーダを利用することも可能です。

「3.3 ご旅程におけるサーフェスセクター(陸路区間)
お客様自身の負担で、5区間までサーフェスセクターを含むことができます。
ただし、これらのサーフェスセクターのマイル数は、マイル数計算に含まれます。
サーフェスセクターは、1枚のフライトクーポンとして見なされます。」
スターアライアンス世界一周運賃 - ご利用条件より引用


>2回に分ける場合のルートの作り方など分からないことが沢山あります。

私もよくわからないので、Book and Flyで旅程を作成してみるしかありません。

日程とフライトを適当に選んで「旅程の確認」画面まで進めることができれば、ルール的にはOK(発券可能)ということみたいです。たぶん。

基本的には現在のプランでほぼ問題ないと思います。


>米国内が不安です。英語力もありません。

他の国を旅行するのと大して変わりませんよ。ホノルルは日本語がかなり通じるでしょうし。


>29000マイルでは、ANAスーパーフライヤーズ取得は無理だとも思います。

世界一周だけでは無理ですね。不足分の修行が必要です。


>一年間のポイントで決まるのでしたでしょうか?

一年間には違いないけれど、「1月から12月まで」という点に注意してください。年度をまたがないように。

「毎年1月~12月に獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスをご利用いただけます。」
プレミアムポイントとはより引用


>スーパーフライヤーズ取得の方法論等もよろしかったら教えてください。

私はSFCを所有していません(ANAマイルを貯めてすらいません)し、大変奥が深くて簡単には説明できないのですが…

SFC修行(プラチナ達成が目的のフライト)として効率が良い(少ない費用で多くのプレミアムポイントが獲得できる)と言われているのは、

●国内線
・羽田-那覇をプレミアム株主優待割引
・羽田-石垣をプレミアム旅割28
●国際線
・成田(羽田)-シンガポールを最安運賃

で往復することです。
※時期により上記よりも効率の良い路線・運賃が出ていることもあります。


2015年10月20日 07:38

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?

PEXとIT(格安航空券)の具体的な違い

日本国内のトラベラーズチェック(TC)の換金場所が激減中!!(2016年8月現在)

海外旅行傷害保険が180日間有効なクレジットカ ード

タイ5日間、帰国後5日後にイタリア、パリ10日間の旅は無謀?


スポンサード リンク