旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

Q読者さんからの質問ではないのですが、激安ツアーで名を馳せた旅行会社てるみくらぶの破産を目の当たりにして、常に最悪の事態を想定して行動することの大切さを改めてお伝えしておきたいと思いました。今回被害に遭われた方にとっては今更ですが、今後のためにも。

せっかく苦労してお金を貯めて休暇をとってツアーに申し込んだのに、旅行に行けない上に旅行代金も戻ってこないなどいう事態だけは避けたいものです。

(カオル)


スポンサード リンク



A海外で航空券を購入する方法の中でも書いているように、「目先の料金の安さにとらわれず、信頼性を重視するべき」で、ほぼこれに尽きます。安すぎるものには裏があると考えるのが妥当ですし、どこでツアーを申し込むか(航空券を買うか)でその後の命運は決まります。

ただ、てるみくらぶのように「日本旅行業協会(JATA)正会員」かつ「第一種旅行業」で実績もあり売上高も大きい(一見信頼できそうな)旅行会社でさえ潰れる時は潰れるので、細かいところを見て経営状態を見極めるしかありません。例えば、現金払い限定のセールを乱発している(=資金繰りが悪化している可能性が高い)等の疑わしい点がないかどうか(※てるみくらぶでも倒産直前にはそのような前兆があったようです)。

ツアーではなく(添乗員や現地ガイドは不要で)航空券だけの手配なら、旅行会社を通さずに航空会社から直接購入するのがおすすめです。そうすれば旅行会社の倒産リスクはゼロですし、航空会社の倒産リスクもゼロではないにせよ(旅行会社に比べれば)ずっと低いはずなので。それに万が一倒産したとしても、補償は(旅行会社に比べれば)ずっと良いはずです。

参考:安全性で選ぶ!激安航空券

ちなみに私は一度だけ航空会社の倒産に巻き込まれたことがありますが、その時は他社マイルで予約していたため使用したマイルが全部戻ってきて、旅行に行けなくなっただけで金銭的被害は一切ありませんでした。

その他、申し込む(買う)会社を選ぶ以外に自己防衛としてできる唯一のことは、支払い方法を現金ではなくクレジットカード払いにしておくことです。

クレジットカードの実際の支払いは翌月以降になることがほとんどなので(抗弁権により)支払いを停止できる可能性が高いですし、引き落とされた後でも全額返金してもらえる可能性があるからです(カード会社によりますが)。


まとめ - 旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

・目先の料金の安さにとらわれず信頼性重視で旅行会社を選ぶ。
・(航空券だけなら)旅行会社ではなく航空会社で買う。
・クレジットカードで払う。


激安ツアーや格安航空券には相応のリスクがあるのだということを、肝に銘じておきましょう。リスクを承知で安さをとるか、多少高くても安全をとるか、です。


2017年03月28日 11:22

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加  

このカテゴリの最新のQ&A

旅行会社の倒産被害を最小限にとどめる方法

空港の免税店で買ったものでも検疫は必要?

PEXとIT(格安航空券)の具体的な違い

日本国内のトラベラーズチェック(TC)の換金場所が激減中!!(2016年8月現在)

海外旅行傷害保険が180日間有効なクレジットカ ード


スポンサード リンク