携帯電話(スマートフォン)

2011年7月現在、私はNTTドコモの初代Xperia(エクスペリア)SO-01Bを使用しています。ノートPCも持っていくのでデータ通信には使わず音声通話専用にしますが、調べてみると通話料が高すぎて緊急時くらいしか使えそうにありません。

【追記】
2013年11月現在、スマホの国際通話料を大幅に節約する方法としてG-Call050というサービスを利用しています。例えば、世界中どこからでも日本の固定電話への通話料は8.4円/3分、日本の携帯電話への通話料は16.8円/分と激安です。

スマホ格安国際電話 通話料比較

ソニーエリクソン Xperia

WORLD WING(ドコモが提供する国際ローミングサービス)のタイでの通話料金は、タイ国内への発信75円/分、日本への発信175円/分。着信は一律155円/分(いずれも1分単位の課金)…着信でも課金されるのが痛い。
※着信は電話にでたら課金開始ですが、稀に電話にでなくても課金されることがあるそうです。。

ちなみに2011年春モデル以前の携帯電話(ガラケー)やスマートフォンはすべてSIMロックされているので、現地でプリペイドSIMカードを購入して挿し替えるという使い方もできません。なんという不便さ。。

【ご参考】海外で(ドコモのケータイやスマホで)データ通信がしたいという人には『海外パケホーダイ』という定額サービスもあります。最大1,980~2,980円/日と全然安くないけど。

海外から日本へ国際電話を(少しだけ)安くかける方法

※NTT docomo利用者で特定の条件に合致する場合のみ有効。auやソフトバンクについては調べていません。すみません。

国際電話の通話には各料金プランの無料通信分が使えます。従って、

・「ファミ割MAX50」「ひとりでも割50」「ハーティ割引」等の適用で基本使用料が50%以上割引になっている
・現在のプランは「タイプLL」ではない
・現在のプランの無料通信分以上に電話をかける(受ける)予定がある

上記の条件をすべて満たす場合に限り、現在のプランよりも上のプランに変更した方が(無料通信分が多ければ多いほど)お得になるはずです。

新料金プラン | 料金・割引 | NTTドコモ

ちなみにdocomoのWORLD WINGを利用中のケータイで『KDDIスーパーワールドカード』を使うとWORLD WINGの通話料が発生するためdocomoとKDDIの両方に課金されることになり、全然お得ではありません。その他のコーリングカードも同様の能性が高いのでご注意ください。

常時持ち歩くのはスマートフォン本体のみで、充電機器はホテルの部屋(バックパックの中)に置いておきます。スマートフォンの充電にはMicroUSB充電ケーブル ACアダプタ(+海外用変換プラグ)を使用。

デイパックの中に入れる物

スポンサード リンク

このページのトップへ