世界一周の仕方

【プロローグ2】

すっかりアマゾンに行く気になり、ブラジルまでの具体的なルートを調べたり、あれこれ想像したりしているうちに、未知なるものへの好奇心・冒険心に火が点いた。

ブラジル以外にも、寄ってみたい国が次から次へと溢れ出す。

アメリカ、ペルー、フランス、インド、タイ・・・

思いつくままに、この際行けるところは全部行ってやれ!という気になっていた。

経験がないものだから、距離感も現実感もまるでなく、ほとんど妄想状態で外国というものを安易に考えていたのだ(あるいは、何も考えていなかったのかも)。


スポンサード リンク



しかしさすがに日本→アメリカ→インド→ブラジル・・・のような順番で周るのは現実的でないことには気付いたので、よくわからないなりにも効率の良さそうなルートを探った。

行きたいところをすべて網羅しつつ、できるだけ効率よく・・・となると、どう考えても、考えるまでもなく、地球をぐるっと一周りするしかなかった。

そう、「世界一周」だ。


「世界一周」することは決まったものの、何から手をつけたものかサッパリわからない。

海外旅行はもちろんのこと、国内旅行すらろくにしたことがなかったのだから。

ただ、相当な資金が必要であることだけは確かだったので、いくら必要なのかはわからない(見当もつかない)ながらも、とにかく一生懸命働いて貯めていた。

そして仕事の合間には情報収集。


しかしながら、当時はインターネットもなく、情報の絶対量が少ない。都心の大型書店でさえ、これといった有益な情報を見つけることができなかった。

ガイドブックがあるにはあったが、国や都市ごとに分かれていて、個別の事情はある程度わかったとしても、そこから先の第三国への行き方がわからない。

ましてや、「世界一周の仕方」など・・・。


« アマゾンおじさんとの出逢い | 世界一周航空券 »


2005年03月25日 10:34

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク