アマゾンおじさんとの出逢い

【プロローグ1】

何の希望もなく、何の目的もなく、ただ何となく生きていた20歳のある日のこと。

バイト先に、その日たまたま一緒に仕事をすることになった見知らぬおじさんがいた。

そのおじさん、自己紹介のつもりなのか、いきなり

 「俺はアマゾンから来たんだぁ

と、さりげなくひと言。


スポンサード リンク




一瞬耳を疑い、

「あまぞん?(アマゾン河ってのは聞いたことあるけど、まさかそのアマゾンじゃあるまいし・・・)って、あの、どこっスか?」と私が聞き返すと、

「ブラジルだよ、南米の」とおじさん。

「えぇーーっ!! そ、そのアマゾン!?」


その鮮烈なアマゾンおじさんとの突然の出逢いは、その後の私の人生をメチャクチャに・・・いや、大きく変えることに。

実は、この日アマゾンおじさんに出逢うまでは、私は外国のことなどまったく眼中になく、興味もヘチマもなかった。世界史や英語の授業も全然好きじゃなかった。

にもかかわらず、「アマゾン」という言葉になぜか反応し、衝撃を受け、激しく心を揺さぶられた。


はじめのうちは漠然としていた異国の地、広大なアマゾンのイメージも、アマゾンおじさんからリアルな話を聞いたり本を読んだりしているうちに、徐々に鮮明になってきた。

と同時に、実際にこの目で確かめてみたくもなった。

アマゾン、ブラジル、南米、冒険、旅、移住・・・

夢は果てしなく広がる。


その願望と欲求は次第に高まり、ついには、何が何でも行かなきゃ気が済まん!というまでになった。


世界一周の仕方 »


2005年03月18日 09:47

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク