グリーン車にて

【出発当日2】

ギリギリで駆け込み乗車した成田エクスプレスの「グリーン車」。

たった1時間の乗車で五千○百円という料金から、グリーン席というものが普通の席でないことは容易に想像できるが、一体どんなものなのか。

わくわくドキドキ・・・なんてしている余裕などあるはずもなかった。

これに乗れるかどうかで相当パニクっていたので、乗ってしばらくの間は放心状態だったのだ。



グリーン席はなんと“一人掛け”で、周囲にも大きな荷物が置けるほどのスペースが確保されており、実にゆったりとしていた。

しかし私は大きな荷物など持っていないし、体だって小さい方だ。それにその落ち着いた贅沢な空間は、20歳の貧乏な若者にはあまりに違和感がありすぎ、身分不相応で場違いだった。

それよりも何よりも、フライトに間に合うかどうかが心配で心配で落ち着いてなどいられない。

世界一周するぞ!なんて大層なことを言っておきながら、出国すらできなかったとしたら大恥だ。


車内の一角には無料の飲み物も用意されており、缶ビールもあった。

「これを何本か飲めばこのバカ高いグリーン料金も少しは回収できるだろうか・・・」と思わずせこい考えが思い浮かんだが、飲まないでおいた。酔いがまわってこの後の行動に支障をきたすと、余計に高くついてしまう。


ゆったりとした座席で、成田空港到着後の行動を頭の中で何度もシミュレーションしてみる。

やるべきことが多すぎるので優先順位をつけ、少しでも無駄な動きがないように。


そうこうしているうちに列車は成田空港に到着。

出発時間の55分前だった。


« 成田エクスプレス | トラベラーズチェックの購入 »

2005年04月23日 16:20

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑