バンコクの正式名称

【出発当日4】

成田発バンコク行きの機内で、放心状態からやや落ちつきを取り戻しはじめた頃、何やら全員に紙が配られた。

タイの出入国カードだった。

当然だが、すべて英語(&タイ語)で書いてあり、すべて英語で記入しなければならない。

記入する英語も問題だが、それ以前に書いてあることがほとんど理解できない。


「うーん・・・困ったなぁ」


スポンサード リンク



四苦八苦しながら、名前やパスポートナンバーなどの単純な項目だけは埋めていったが、半分以上はは空白のままだ。

まわりの人たちの様子を見てみると、ガイドブックとにらめっこしながら書いている人もいる。


「そうか、ガイドブックに記入例が載ってるのか!」


・・・といったところで、私はガイドブックはもちろん、辞書さえも持っていないのだ・・。

それなら誰かに聞けば済む話だが、あまりにもレベルの低い質問のような気がして、恥ずかしかった。 

しかしどう考えても自力ではムリだし、すっかり困り果ててしまって、とうとう恥を忍んで隣の席のオジサンに聞くことになった。


僕「あのー、すんまへん、ここって何て書けばいいんスか?」

オジサン「ああ、そこは“バンコク”って書いときゃいいよ」

僕「あ、そうなんスか(照)」

 
バンコクね、バンコク・・・

ええと、英語で?・・・bankoku? 何か違う気がするなぁ。

bancocu、vankoku?・・・どれも違う気がするなぁ(※)。


僕「す、すんまへん!“バンコク”ってどうやって書くんスかっ?」

オジサン「・・」(目が点)


万事こんな具合で、まったくお話にならないので、結局オジサンのを見せてもらってそのまま書き写した。

英語ができないといってもいろいろレベルがあるが、私はこれほどの低レベルだったのだ。

日本人のいる機内だからよかったものの、現地に着いたら一体どうなることやら・・・。

前途多難。

不安が募る。


※ご存知とは思いますけど、バンコクは英語で「BANGKOK」って書きますね。

でも、これは通称であって、バンコクの正式名称は「クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」って言うそうです(長っ!!・・世界一長い都市名だそうな)。

ちなみに、タイ人は「クルンテープ」って言ってます。


« トラベラーズチェックの購入 | バンコク・ドンムアン空港にて »


2005年05月07日 20:43

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク