バンコクへ行きたい!?

【2日目1】 タイ・バンコク

深夜のバンコク・ドンムアン空港。

初めて異国の地に降り立つも外に出られないというもどかしさを抱えながら、まんじりともせずに夜明けを待ち続けた。

数時間後、人々のざわめきとともに空も白みはじめてきた。

多少の不安もあり、万全を期すために完全に陽が昇るのを待って、いざ空港の外へ出陣!



記念すべき第一歩を踏み出した瞬間、まだ早朝だというのにむわっとした暑苦しい空気に全身を包まれ、一気に重力が増したかのように感じられた。

さて・・・これからどこへ行けばいいんだろう?

ガイドブックは持っていなかったが、バスで街中に行けるということは事前に調べてあった。

バス停を探そうと思い大通りに出てみると、人だかりが見えたのでそこへ行ってみた。そこは確かにバス停で、頻繁にバスが来ていた。

ところが・・・行き先がまるでわからない。蛇がのたうちまわるようなタイ語でしか書いてないのだ。

というか、とりあえず市街に出たいと漠然と思っていただけなので、自分がどこに行きたいのかもよくわかっていない有様だったのだ。

ここはひとつ現地の人に聞いてみようと思い、なるべく優しそうなお姉さんを選んで声を掛けてみた。

もちろんタイ語など一言もわからないので必然的に英語になるわけだが、自分の英語力が超低レベルなのは機内や空港内でも実証済み。

「市街に行きたいんですが」と言おうとした瞬間、“市街”を英語で何と言えばいいのかわからないことに気付いた。咄嗟に口から出てきたのは、

「あ、アイ・ウォント・ゴー・トゥー・・・えーと・・・バンコク!(=バンコクへ行きたい!)」

お姉さんは一瞬固まったように見えたものの、ニッコリ微笑んで人差し指を下に向けながら、

「バンコクならココよ?」

と親切に英語で答えてくれた(ように聞こえた)。

「あははは(そりゃそうだよね)、サンキュー・・・」

ガクッと肩を落とす私。これは困った。これじゃ聞きたくても聞きようがないし、答える方だって答えようがないというものだ。自分の英語力のなさを呪いたくなった。

そのうちお姉さんもバスに乗って行ってしまい、私は何台ものバスを見送りながら途方に暮れていた。


« バンコク・ドンムアン空港にて | 歩いてバンコク市街へ »

2005年05月21日 21:17

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑