バイクタクシーでホアランポーン駅へ

【2日目3】 タイ・バンコク

ドンムアン空港から何故か「歩いて」バンコク市街へ向かう羽目になった私。

腹ごしらえも済み、再び歩き始めた。


1時間ほど歩いた頃だろうか、かなり大きな豪華な建物が出現した。「LAKSI PLAZA」とある。

なかなか立派な造りではあるものの、中に入ってみるとどことなくさびれた雰囲気が漂う。

マクドナルドがあったので、入ってジュースを飲むことに。

それにしても、ここは一体バンコクのどの辺りなんだろうか?



そこでじっとしていても仕方がないので再び歩き始めたが、日差しがかなり強くなってきていた。少し歩いただけで大量の汗が噴き出してくる。

バックパックの重みも加わり、かなり辛い状況になってきた。それにゴールが見えないというのがなんともやりきれない。

もう、歩くのは嫌だ・・・けど、引き返すこともできないし・・・。

と、悶々としながら歩いていた時、道端にいたオジサンに声を掛けられた。

お互い言葉はわからないが、身振り手振りで

「どこへ行くんだい?」

・・・?

「このバイクに乗って行かないか?」

・・・え!いいの?

「○○駅まで△△バーツでどうだい?」

そういうことか・・・でも、まさに渡りに船だ(バイクだけど)。

まだ金銭感覚がなくてオジサンの言い値が妥当かどうかもわからなかったが、もういくらでもいいや、どこへでも連れてってくれ、という心境だった。

でも一応は値切ってみたら少し安くなったので、それで合意。交渉成立。

バイクといってもごく普通の古いカブで、ヘルメットもかぶらずに二人乗り。ちょっと危ない気もしたが、この際仕方がない。


バイクでの小旅行は実に快適だった。何しろ座っているだけでいいし、風も心地良い。

それにバスでは絶対に通らないような路地裏や貧しいバラックの脇などをゆっくりと通り過ぎて行く。これは貴重な体験だ。

写真に撮りたいと思ったが、わざわざ戻ってくれとも言えない。

写真に撮れないところにこそ真実があるのだ。


たっぷり1時間も走った頃だろうか。徐々に交通量が増え、周囲も騒々しくなってきた。

やがてバイクは大きな駅の前で停止した。

「ここがホアランポーンだよ」

目的の駅だった。雰囲気からしても、そこがバンコクの中心部であることは感じ取れた。

バイクに乗ったのは大正解だった。バイクで1時間もかかる道のりを歩いていたら、一体どうなっていたことやら・・・。

オジサンよ、声を掛けてくれてありがとう!


« 歩いてバンコク市街へ | パスポート盗難! »

2005年06月03日 18:18

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑