片道航空券とアメリカのビザ

【6-13日目】 タイ・バンコク-チェンマイ-バンコク

チェンマイ旧市街のお堀無様にもしょっぱなからパスポートを失くしてしまい、計画は大きく狂ってしまった。

しかし泣こうが喚こうが新しいパスポートができるまで1週間、ひたすら待つしかない。せっかくなので、この際気分転換にのんびり観光でもしようと思った。考えようによっては、この1週間はパスポートを盗られる心配もないわけだから気楽なものだ。

北部チェンマイに行き、トレッキングを存分に楽しんだ。



頃合を見計らってバンコクに戻り、無事新しいパスポートを受け取ると心機一転、ものすごい勢いでチケット探しにとりかかった。これ以上時間を無駄にするわけにはいかない。

すでにインド行きは諦めていて、次なる目的地はヨーロッパに定めていた。言葉の壁に四苦八苦しながらも旅行会社を何軒も巡っていると、次第にある傾向がつかめてきた。

それは、「片道航空券は選択肢が非常に少ないらしい」ということだ。でも、世界一周するのだからここで往復航空券など買うわけにはいかない。


片道航空券にこだわって粘り強く探し続けていると、やがてエジプト航空の「カイロ経由ニューヨーク行き」という面白い航空券が見つかった。しかも非常に安い。

エジプトはヨーロッパとはちょっと違うが、そこを拠点にヨーロッパに行けばいいだろう。よし、これで決まりだ!

早速予約を頼むと、アメリカのビザが云々・・・要するに、「ビザがなければ片道航空券を売ることはできない」ということらしい。

それならビザを取れば済む話だ、とその足でアメリカ大使館へ。


勇んでアメリカ大使館まで来たはいいが、ビザを申請する以前に何やら英語でベラベラベラっとやられて、サッパリわからないので返答することもできず、門前払い(泣)。

すっかりしょげかえって旅行会社に戻り、事情を説明するとこんな提案をしてきた。

「私が一緒に行けばビザは問題なく取れるだろう。ただし、手数料として千バーツ、それからチケット代のデポジットとして○千バーツを先に支払うこと」

とにかく時間が惜しかったこともあり、私はその提案に乗ることにした。


翌日、旅行会社の人と一緒に再度アメリカ大使館へ。

何の苦労もなく、あっさりとビザ発給。

さあ、これであとはチケットを発券するだけだ。


しかし、ビザを取得した翌日になっても一向にチケットが取れる気配はなかった。満席とかそういう理由ではない様子。私も余裕がないので詰め寄ると、

「やっぱり、ビザがあっても片道では発券できない」

などと言うではないか。ここまでさせておいて、それはないだろう!


▼ 余談

実はこの時私が取得したのは5年間有効の「マルチプルビザ」で、取得するのが極めて難しい、かなり貴重なものだと後になって知りました。

※マルチプルビザとは…有効期間内なら何度でも出入りできるタイプのビザ。


« パスポート盗難! | 謎のネパール人 »

2005年08月27日 09:28

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑