幻想的なサモス島

【22-23日目】 トルコ→ギリシャ

トルコが気に入らなかったわけではないが、タイで時間を浪費しすぎたこととタイよりも物価が高かったことからゆっくり滞在する気にはなれず、トルコ国内は足早に通り過ぎた。

トルコのクシャダシという港町から、フェリーでサモス島というギリシャの小さな島へと向かった。



初めて見るエーゲ海。それは「エメラルド・グリーン」とでもいうのだろうか、碧ががった海というものが本当にあるのだと知った。

しばし、感動に包まれた・・・。

サモス島はというと、これまた絵に描いたような美しさで、碧い海と真っ白な建物の見事なコントラスト。まさにギリシャのイメージそのものだ。

まるで絵葉書の中に入り込んだかのような、奇妙な感覚。


サモス島ではフェリーの中で知り合った韓国人の青年と部屋をシェアすることになった。

私の英会話能力が著しく低かったせいで彼との会話はほとんど成り立たなかったが、それでも彼は嫌な顔ひとつせず、穏やかに根気よく話をしてくれた。 

彼とはこの先アテネまで一緒に行動することになる。


▼ 余談

サモスに向かうフェリーは比較的小さなもので、その日の海はかなり荒れていました。

生まれて初めて「船酔い」というものを体験し、思いっきり吐いてしまいました(笑)。

絵葉書のような幻想的な光景に、ゲロという幻滅的な汚物。

でもたまたまビニール袋を持っていたので助かりました。

小さな船に乗る時はビニール袋が必需品です(笑)。


« イスタンブールの日本語使いとトルコじゅうたん | 船でアテネへ »

2005年09月30日 11:40

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑