タイに無銭旅行で象使いの修行?

※ "サバイバルをテーマに冒険旅行を" の続きです。

1、3はやはり無謀ですか…うすうす気づいていたんですが…もしかしたらと思いまして…

1. についてですが、あちらで日雇いをするというのは不可能でしょうか。。

また、2. についてですが折り紙などを教えようかな…と思っています。あと僕はピアノをするのが趣味なので、ピアニカをもってあちらで演奏しようかなと思っています。それについてご意見がほしいです。

あと、トレッキングをし村を訪ねるにしても個人でたずねて、敵対意識をもたれたりしないでしょうか?ガイドをやとったほうがいいと聞いているのですが、個人で行くのは無理があるのでしょうか?どうしても個人旅行がしたいのです。それについてもお聞かせ願いたいです。

あと、友人が航空券だけもってタイに無銭旅行に行ったのですがそれはどうだと思いますか?なんでも村に行き、象使いの修行をし、2週間ほどあっちで暮らしてくるとか…心配しているのですけど。。



>あちらで日雇いをするというのは不可能でしょうか。。

前回も書きましたように、可能か不可能かという以前に(違法行為なので)やってはいけないことです。

雇う側にも大きなリスクがあるので、探しても簡単には見つからないでしょう。日本人が日本でバイトするのとはわけが違うのです。


>折り紙などを教えようかな…と思っています。あと僕はピアノをするのが趣味なので、ピアニカをもってあちらで演奏しようかなと思っています。

これは全然OKです。とても良いアイデアだと思いますよ。

ただし、折り紙を売ったり大道芸のようなことをしてチップを貰ったりしてはいけません。

どのような形であれ、お金を得る行為はすべてNGです。ビジネスビザと労働許可証を取って正式にやるのならOKかもしれませんけどね。


>トレッキングをし村を訪ねるにしても個人でたずねて、敵対意識をもたれたりしないでしょうか?。

敵意を抱かれる可能性は十分にありますよ。だから個人ではダメなんです。個人旅行といってもそこには限界があり、できることとできないこと、やっていいこととダメなことがあります。山中は危険すぎます。

前回も書きましたが、コブラとかトラとかって冗談で言ってるわけじゃないんですよ。ラオスの山には本当にいますから。


>あと、友人が航空券だけもってタイに無銭旅行に行ったのですがそれはどうだと思いますか?

もう無茶苦茶です。日本の恥です。本当に「無銭」だとしたら、仮に無事帰って来られたとしても私はまったく評価しません。

それはそのご友人の発想や行動力が優れているとかではなくて、単に現地の人の好意の賜物だからです。

初めから他人の好意だけをアテにした旅行なんて、迷惑も甚だしい「物乞いおねだり旅行」ですよ。それも行き先がタイでは尚更ひどい話です。

タイ人の立場で考えてみてください。なぜ自分たちよりもはるかに裕福であるはずの日本人を助けなくちゃいけないんです?自分たちだって苦しいのに。

たまたまトラブルに遭遇して困っているのならともかく、「意図的に」お金を持って行かないで好意にだけあずかろうなんて悪質です。虫がよすぎます。思慮が足りなすぎます。

とにかく、

他人に迷惑をかけないこと

を心がけてください。お願いですから。

もしもそのご友人に対抗心を燃やして今回の冒険旅行を思い立ったのなら、考え直した方がいいと思います。


冒険と暴走の違い

思わず「無銭旅行」に反応していまい、今までにない厳しい返答をしてしまいました。

その後Rさんからはメールもなく、どうなったのかはわかりません。

若い人にはどんどん海外に出てもらいたいと思っていますが、こんな風に安直に考えすぎるのも困りものです。

本人は冒険のつもりでも、これでは単なる暴走です。

本人はすごいことを成し遂げたような快感や充実感が得られたとしても、周りはただ迷惑なだけです。

たまに海外へ冒険に行った若い日本人旅行者が事件に巻き込まれるニュースがありますが、そういうのを聞いたり今回のご相談を受けたりしてよく思うのは、

「思慮分別」ってものが無いんじゃないか?

ということ。

無知なだけならまだいいけれど、「分別」が無いとなると物事の善し悪しが判断できないわけで、当然状況判断もできないだろうから、とくに海外では危機に陥りやすいのだと思います。

2005年09月09日 21:35

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

40日間インドシナ周遊の予算とお金の持ち方

目的はないけど強い印象を残してくれる場所に行きたい

バックパッカーはビザがいらない? - 中国ビザの延長方法

中国ツアーに服用中の処方薬を持参しても問題ない?

片道航空券でミャンマー入国は問題ない?