イタリアの泥棒列車

【29-30日目】 イタリア・ベネチア→ミラノ

列車内の通路とコンパートメントべネチア(ベニス)からミラノへ向かう夜行列車。

ユーレイルパス」を使っていた私は身分不相応な1等コンパートメントに乗り込むが、他に乗客はいない。

6人分の座席を独り占めし、私だけの快適空間に。


真夜中、列車の心地よい振動に身をゆだね、心安らかに眠りについていると・・・なにやら、お腹の辺りがもぞもぞ、もぞもぞ。

なんだなんだ? 夢から現実へと引き戻される。

目の前には男が2人。しかしすぐに姿を消してしまった。



誰もいなかったはずのコンパートメント内に男が2人? お腹がもぞもぞ?

お腹には・・・“全財産”の入った貴重品入れを付けている!!

ということは、まさか・・・。

直ちに状況を理解した私は思わず身震いし、冷たい汗が流れ出し、恐怖と絶望とで腰が抜けそうになった。

恐る恐る貴重品入れを確認してみると、どうやら間一髪のところで目を醒ましたようで、ファスナーは開きかけていたものの、中身は無事だった。助かった・・・。

バックパックも荒らされてはいたが、何も盗られてはいなかった。

しかし列車が走っている間は犯人もまだ同じ列車内にいるはずだ。

生きた心地がせず、体の震えが止まらなかった。


▼ 余談

コンパートメントの独り占めは快適に思えますが、防犯面では最悪。

独りでいるよりは、知らない人とでも相席した方がまだましです。

また、2等よりも1等の方が乗客が少なくて、しかも金持ちだと思われるせいか狙われやすい傾向にあるようです。


« 「旅」と「観光旅行」の違い | ミラノ駅で強制荷物検査 »

2005年10月22日 12:36

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑