ミラノ駅で強制荷物検査

【31日目1】 イタリア・ミラノ

翌朝、列車は無事ミラノ駅に到着。

ホームに降り立つと、若い警察官らしき人がつかつかと近づいてきた。

イタリア語で何やら話しかけてくるが、まったく理解できない。

しかし有無を言わさず、私をどこかに連れて行く。



連れて行かれた場所は、どうやら警察のようだった。

え、警察に連行された?

そこには上司と思われるもう一人の警察官がおり、(私の)バックパックを調べろ、と若い警察官に指図している。

惨めにもバックパックの中身をすべて机の上に並べられ、私自身も衣服のポケット類をすべて調べられ、貴重品入れから何からナニまで、所持品のすべてを入念にチェックされた。


列車内で荷物を荒らされた数時間後に、今度は駅で強制荷物検査。

被害に遭ったのはこちらなのに、まるで犯罪者扱い。「踏んだり蹴ったり」とはまさにこのことだ。

当然やましいことなど何もないので釈放されたが、おかげで列車の乗り継ぎに間に合わなくなってしまった。


« イタリアの泥棒列車 | プロバンス料理とは? »

2005年10月29日 13:02

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑