船でアテネへ

【24-25日目】 ギリシャ・サモス島

サモス島は素晴らしいところではあったが、のんびりするつもりはなかったし、部屋をシェアした韓国人青年に誘われたこともあり、翌日一緒にアテネへと向かうことになった。

サモス島からアテネ近くの港までは船で行く。サモス島に来るときに乗ったフェリーとは違い、かなり大きな船だ。

船に乗り込んで出航を待つが、予定時刻を大幅に過ぎても一向に動き出す気配がなかった。

他に乗客も多数いたので聞いてみるが、事情はよくわからない。



数時間が経過した。

船内の食堂で昼食をとり、さらに待った。


夕方になった。

船内の食堂は安くないので買出しに行きたいところだが、船がいつ出るともわからない状況では、おちおち出歩くこともできない。

しかし韓国人青年と相談し、交替でダッシュで夕食を買出しに行くことにした。


夜になった。

何がどうなっているのかさっぱりわからないが、どうやら船内で夜を明かすしかないようだった。

船内のベンチのようなイスをベッド代わりにする。


朝になった。

まだ船は1ミリも動いていなかった。


さらに数時間が経過し、ようやく動き出す気配が感じられた。実に、「23時間遅れ」の出航だ。


« 幻想的なサモス島 | 「旅」と「観光旅行」の違い »

2005年10月08日 11:34

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑