警察に拘束された理由

【42日目3】 アメリカ合衆国ニューヨーク州

10月下旬のニューヨークの夜は、やや肌寒い。

疲れ果てた体を休めるには堅すぎ、冷たすぎるスチール製の机の上で、胎児のように丸まるが、外気と机に体温が奪われてゆく・・・。


スポンサード リンク



横になって20~30分も経った頃だろうか、電話口に呼ばれた。

どうやら、ずっと電話を掛け続けていたようで、ようやく通訳が見つかったらしい。

受話器を取ると、見知らぬ日本人男性が話しかけてきた。


男「あなた、そんなところで何してるんですか?」

私「・・・いや、それがよくわからないんですけど、ホテルを探してたらここに連れて来られて・・・」

男「今いる場所がどんなとこだかわかってますか?」

私「いいえ、まったく」

男「スラム街のド真ん中ですよ!」

私「・・・・(絶句)」

男「警察としては、こんな夜中に独り歩きさせるのは危険だから“保護”したんだそうですよ」

私「あぁ・・・」


やっと、自分の置かれた状況を把握することができた。

電話が終わり、また机の上か・・と思いきや、日本語の話せる人がいるところに連れて行くとのことで、今度はパトカーに乗れと言う。

もう、深夜なのだが・・・。


パトカーの後部座席に乗り込むと、そこには先客がいた。

7~8歳くらいの黒人の少年だ。

白人の警察官に黒人の少年、そして黄色人種の私が、一台の車に乗り合わせている。

不思議な光景に思えるが、“人種のるつぼ”であるこの街では、それも珍しいことではないのかもしれない。


« 日本語の通じる意外なところ? | パトカーから眺めるニューヨークの夜の摩天楼 »


2005年12月30日 00:04

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク