ニューヨークの地下鉄

【42日目1】 イギリス・ロンドン→アメリカ・ニューヨーク州

旅行中に知り合った人がニューヨークの隣、ニュージャージーに住んでいた。

ぜひ遊びに来るようにと言われていて、電話番号も教えてもらっていたので、ニューヨーク(JFK)に着くとすぐに空港から電話をかけた。

ところが、何度かけても通じない。

毎度のことだがニューヨークに関する情報はほとんど何も持っておらず、この唯一の伝を本気でアテにしていたので、本気で困ってしまった。

時刻は午後7時過ぎ。外はもう真っ暗だ。早急に今夜の宿を確保しなければ・・・。



空港からは地下鉄に乗れることがわかった。

とにかく市街に出なければと思い、乗ってみることに。


適当に乗ってはみたものの、具体的にどこへ向かえばいいのかはもちろんわかっていない。

まあ、賑やかそうなところで降りればいいだろう、くらいに考えて乗り続けていたのだが、乗客の数は減っていく一方で、賑やかどころかどの駅もますます閑散、殺伐としてきた。

なんだか市街とは逆の郊外へ向かっているような気がしてきた。

車内の雰囲気からもヤバイものを感じはじめ、不安に駆られ、次に停車した駅で思わず降りてしまった。


地上へ出てみると、そこは人通りもない、かなり寂れた感じの街だった。

ここがどこなのかは知る由もないが、とにかく一刻も早く宿を見つけなければならない。


少し歩くと、「YMCA」の文字が見えた。

入り口は頑丈なシャッターで閉ざされていたが、ここは宿に違いないと思い、強引にノックする。

しかし中から出てきた女性にあっさり断られてしまった。満室ということだろうか?


なおも歩いて宿を探していると、道端にうずくまる男に声を掛けられた。

男「何をしてるんだね?」

私「ホ、ホテルを探してるんです」

さらに話しかけられたが、私の貧弱な英語力では会話にならない。

男「それでは日本語の通じるところへ連れていってあげよう。ついてきなさい」


▼ ご注意

ニューヨークで夜中に地下鉄に乗るのは大変危険ですから、決して真似しないでください。

それに夜中に道端にうずくまっているような不気味な人(笑)を相手にしたり、あとをついていったりするのはもっと危険ですから、絶対に真似しないでくださいね。

そもそも夜中に到着する便を選ぶのが間違いだし、夜中に出歩くのも間違い。私の一連の行動は間違いだらけの危険だらけです。


« おそろしく物価の高いロンドン | 日本語の通じる意外なところ? »

2005年12月14日 23:03

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑