南米のイメージ

【43-44日目】 アメリカ・ニューヨーク州→チリ・サンチャゴ

ついに憧れの南米大陸に降り立った。

南米といえば広大なアマゾン、ジャングルだ。サンチャゴの空港から市内へと向かうバスの中で、ワクワクしながら外の景色を眺めると・・・あれれ? イメージと全然違う!



それはごく普通の、都会の風景だった。高層ビルが建ち並び、大量の自動車が行き交っている。

アマゾン、ジャングルという思い込みが強すぎたせいか、その激しいギャップに面食らってしまった。

しかし冷静に考えてみれば、南米のすべてがジャングルなわけはないし、サンチャゴ市もジャングルの中にあるわけではない。

それにしても、想像以上に発達した文明社会の出現に、戸惑いと落胆を隠せなかった。


コロニアル調の歴史を感じさせる下宿風の宿にチェックインした後、街を散策する。

絵葉書を数枚購入し、ファースト・フードの店内で友人等に手紙を書く。旅先ではこういう場所の方が筆が進むのだ。

「あなたの人生の中で、おそらくこれが地上で最も遠い場所からの便りとなることでしょう!」

と文末に書き添えた。

そうすることで、自分自身が置かれた状況を確認したかったのかもしれない。

そう確認しなければならないほどに、南米にいるという実感が持てなかったのかもしれない。

それほどまでに、サンチャゴは南米のイメージとはかけ離れた街だったのだ。

サンチャゴにはこれといって見るべきものもなさそうで、早くも次なる目的地のことを考え始めていた。


« 南米行き格安航空券 | 催涙ガスの緩和方法 »

2006年01月13日 19:56

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑