長距離バスに揺られて

【49日目】 ペルー・タクナ→

国境の町タクナからさらにバスで北上。

行けども行けども人家も緑も何もない、岩と砂漠ばかりの荒涼とした風景が続く。



オンボロバスの車内には、私の他に外国人は一人もいない。

隣の席のガタイの良い中年男が何やかやと話し掛けてくるが、「マニャーナ」の一語しか知らない私に会話ができるはずもない。

お互い身振り手振りではあったが、明らかに“からかわれている”感じがした。愉快な気分ではない。しかしここは堪えて大人しくしているのが得策だと思った。

この閉ざされた空間で、まわりは全員敵とも言える状況だ。下手をすれば袋叩きにあって放り出され、砂漠の闇に葬り去られても不思議ではないのだ。


▼ 余談

言葉がまったくできない場合、相手のちょっとした反応や表情、動作などから状況を察知するしかありません。

これには言語とはまったく別の感覚を使うので、この感覚が鋭くなってくると、場の空気を読むことができるようになり、身の危険なども察知できるようになります。


« 初めての闇両替 | 世界の七不思議 »

2006年02月10日 21:46

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑