世界の七不思議

【50日目】 ペルー・タクナ-ナスカ

南米には2つの大きなテーマがあった。

ひとつは「アマゾン」で、もうひとつは「ナスカの地上絵」だ。



世界の七不思議のひとつとも言われている、古代インカ人によって?描かれた、空から見ないと識別できないほどの巨大な絵模様。

一体誰が、何の目的で描いたのか?

まさか私のような観光客を呼び寄せるためではないだろうが、もし地上絵がなかったら、ナスカはあえて訪れる理由もないような寂れた町だった。


タクナから十数時間バスに揺られ続け、真夜中に突然、まわりの乗客たちに起こされた。

「ここがナスカだ」

降りなさい、ということだ。どうやらナスカで降りるのは私一人のようだった。

運転手の計らいかもしれないが、幸いにもバスが停まったのは安宿の真ん前で、宿のおやじが待ち構えていてくれた。真夜中に宿探しをする羽目にはならずに済んで良かった。

しかもその宿ではナスカの地上絵の遊覧ツアーを取り扱っていて、ツアーを探す手間も省けた。

ツアーは予想していたよりもはるかに安く、地上絵とは別に何かよくわからないツアーもセットで、さらには翌朝の朝食も付けよう、とおやじに畳み掛けられて、即決。もちろん値切るのを忘れずに。

いよいよ、念願のセスナに乗っての地上絵遊覧ツアーだ。


« 長距離バスに揺られて | セスナから観るナスカの地上絵 »

2006年02月17日 22:07

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑