ナスカの地上絵に勝るもの

【51日目2】 ペルー・ナスカ

ナスカの地上絵「ハチドリ」ジェット機とセスナの違いは、大型客船と小型フェリーの違いによく似ている。大きさの違いだけではなく、“揺れ具合”もだ。


飛び立ってから15分程経った頃だろうか。私の肉体に奇妙な違和感・・・異変が起こり始めた。



美しいエーゲ海のフェリーの上でも吐いてしまったように、もともと私は乗り物酔いしやすい体質だ。

そして情けないことに今回も、もう二度とは見られないであろう貴重なナスカの地上絵を目の当たりにしながら、不覚にも吐き気をもよおしてしまった。

サービスのつもりなのだろう、地上絵に接近するために何度も急降下をするのだが、その度に内臓がふわっと宙に持ち上げられるような強烈な不快感があり、次第に耐え難くなってきた。

「うぐぐぐっ・・・地上絵はもういいから早く降ろしてくれ!」

同乗者がいたし言葉もできないからそんなわがままは言いたくても言えず、遊覧飛行の後半は地上絵よりも何よりも吐き気を堪えることに必死だった。

せっかくの貴重な体験が、最後は悲痛な心の叫びに変わっていた。

どんなに素晴らしい感動も、生理反応は抑えられないようだ。


▼ 余談

ビニール袋を用意していなかったのでかなり焦りましたが、どうにか耐えて、吐かずに済みました(笑)。

あの狭い機内でもし吐いていたら、顰蹙だっただろうな。


« セスナから観るナスカの地上絵 | ナスカのミステリーツアー »

2006年03月03日 10:07

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑