リマの警察官

【52日目1】 ペルー・ナスカ-リマ

ペルーの首都リマに着いてすぐのこと。

宿探しをしている最中、警察官らしき制服に身を包んだ男に声をかけられた。



思わず身構えてしまったが、やたらフレンドリーであれこれと話しかけてくる。

長いこと話し込んでいるうちに「1ドル持ってるか?(両替しないか)」みたいな話になった。

たまたますぐ取り出せるところに1ドル札があったので渡すと、手品のような真似をしながら「あらら、なくなっちゃったよ」と言い、どこかに隠し込んでしまった。

「ふざけるな。返せ」といっても、ヘラヘラ笑ってごまかすだけ。

1ドルとはいえタダでくれてやる理由もないので、しつこく返せと言い続けるが、頑なに「なくなった」と言い張り続ける。何を言ってものらりくらりと言い逃れをするだけ。

1時間近くも返せ返せと言い続けただろうか。ようやくあきらめたのか返してくれた。

たかが1ドルにこだわる自分も自分だが、警察官がそんな詐欺みたいなことをするなんて、一体どうなってるだこの街は。


▼ 余談

海外では警察官だからといって必ずしも信用できるとは限りません。警察官がゆすり・たかりをする国も実際あります。


« ナスカのミステリーツアー | ペルーの刺身 »

2006年03月17日 21:54

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑