ペルーの刺身

【52日目2】 ペルー・リマ

「やあ、寒いねえ。いつ来たの?」

市街を歩いていると突然、流暢な日本語で話し掛けられた。

見ると口髭をたくわえた40がらみの男。日本語を喋ってはいるが、外見は明らかにペルー人だ。



“チャーリー”と名乗るその男は、初対面だというのにまるで旧知の友人とでもいうように、親しげに話し掛けてくる。

「ペルーは初めて? ペルー名物の“刺身”があるんだけど食べに行かない?」

このチャーリーとはまったく関係ないが、実は日本にも“チャーリー”と名乗る知り合い(日本人)がいて、やはり同じような口ひげをたくわえていたので勝手に親近感を抱いてしまった。 

ペルーの“刺身”とやらにも興味があり、一緒に食べに行くことに。


案内されたのはかなり大きな、しかし高級ではない大衆食堂。多くの現地人で賑わっていた。

チャーリーにビールをすすめられるが、昼間から酔っ払いたくないのと節約したいのもあって断り、お目当ての刺身だけを注文。チャーリーはビールと刺身を注文していた。

刺身の正体は“セビッチェ”という地元料理で、魚介類を酢漬けにしたもの。独特のクセの強い香草が効いていて、刺身とは似ても似つかぬ代物だ。

いまいち口に合わないなと思いながらも、チャーリーの手前「まあまあだね」と言いながら食べた。


と、ここまでは何の問題もなかったのだが、食べ終わっていざ勘定となったところで、思わぬトラブルが。


« リマの警察官 | リマの日本人経営者 »

2006年03月24日 22:35

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑