客引きとの論争

【54日目2】 ペルー・イキトス

空港からオンボロ車に乗せられて、市街のとある旅行会社のようなところで降ろされた。

なるほど、ここでまたツアーの勧誘でもしようという魂胆か・・・と思いきや、勧誘などという生易しいものではなく、ツアーの申し込みをするまでは断じて解放しないそ、というような強行姿勢の、脅迫じみたものだった。



個人でジャングルへなど行けるものではないので、もともとツアーには参加するつもりでいたが、到着早々いきなり決めろと言われても困るし、脅迫的に詰め寄られると尚更こんなところでは申し込みたくなくなる。

第一、そこのツアー料金は高すぎて明らかに予算オーバーなのだ。まずはいくつかの代理店をあたって比較検討したいところ。ところが、そうはさせるか、今すぐ決めろ、と来る。

こうなると私も意地でもこんなところで申し込むものか、となり、話し合いは決裂。私がそこを出て行こうとすると、

「おい、タクシー代を払え!」

と来た。散々「フリー(無料)」だと言っておきながら、何を今さら。これは乗る前にも道中でも何度もしつこく確認していたことなのだ。

私「フリーだと言っただろう」

男「ツアーを申し込まないなら払う必要がある」

私「そんなこと知るか!聞いてない」

ここでまた新たな話し合い(というかほとんど喧嘩)が始まる。

確かに車で連れてきてもらったのは事実だから多少は払っても仕方ないかなという気持ちはあった。しかし相手の提示額があまりにも高すぎたのだ。

粘り強く交渉しているうちに最初の提示額の半値くらいまでにはなったが、このあたりでヤバイ兆候が現れ始めた。

ぎゅるぎゅるぎゅる。

お、お腹の具合が・・・。

まだまだ納得のいく金額ではなかったが、危機を感じたためこれ以上の交渉は諦め、さっさと支払ってそこを脱出。


« イキトスの客引きたち | ジャングルツアーへの誘い »

2006年04月14日 10:34

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑