ジャングルツアーへの誘い

【54日目】 ペルー・イキトス

適当な安宿を見つけて部屋で寛いでいると、見知らぬ現地人男性が私を訪ねてきた。

なんのことはない、またしてもジャングルツアーの勧誘だ。

それにしてもなんという素早さ、しつこさだろう。それに私がここにいることをなぜ知っているのだろう。



訪ねてきた男性は先ほどの脅迫的な旅行会社とは違い、フレンドリーで物腰柔らかな人だった。

でもまだ着いたばかりだったし、すぐに決める気にはなれないので渋っていると、大幅ディスカウントを提案してきた。

それでもまだ少し予算オーバーだったので決めかねていると、さらに安くなった。これが最終料金とのこと。

料金的にはそれでOKだったが、出発は明日だという。お腹の具合が良くないこともあり、その場では決めかねた。

「明日か明後日じゃダメなの?」

「ダメだ。“今”でなきゃ、もうこんな格安にはできないよ」

実に絶妙なセールストークだ。さらに、

「この料金は今だけの、そして君だけの特別料金なんだ」

と畳み掛けられ、ついに折れてしまった。

早速手続きに行くと、そこには欧米人グループの先客があり、彼らと一緒に行くということだった。

なるほど、今でなければならない理由がよくわかった。彼らが明日出発することはすでに決まっていて、それに私を便乗させようという腹だったのだ。さらに、

「彼らにはこの特別料金のことは言っちゃダメだよ。もし聞かれたら○○ドル払ったって言っておいて」

と付け加えるのを忘れなかった。お見事!


翌朝、不安を抱えながらもジャングルツアーへと出発した。

そのツアーでの痛々しい記憶は、今も私の脳裏と肉体に鮮やかに刻み込まれている。


« 客引きとの論争 | アマゾン河でピラニア釣り »

2006年04月21日 10:56

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑