アマゾン河でピラニア釣り

【55日目1】 ペルー・イキトス

アマゾン河上流へツアー一行(欧米人4人組とガイド1名そして私)は小型ボートに乗り込み、アマゾン河上流へ。

30分ほどして到着したのは、鬱蒼としたジャングルの密林地帯・・・ではなく、「雑木林」と言った方が相応しいようなところで少々がっかり。


皆で雑木林をしばらく散策した後、自由時間となった。

何をしようかと考えるまでもなく、これだけは是非やろうと最初から決めていたことがあった。

安直だがアマゾンと言えば「ピラニア」。そう、「ピラニア釣り」をやってみたかったのだ。



アマゾン河のピラニア早速現地にあった竿を借りて小船を出してもらい、現地の兄ちゃんと二人で適当なポイントへ向かった。

アマゾン河は全体的に茶色く濁っているため水中は全く見えないが、ピラニアがうじゃうじゃいそうな気がした。

ところが、これがなかなか釣れない。

兄ちゃんは小さなピラニアを1匹釣り上げていたので、きっと腕の問題なのだろう。



アマゾン河のナマズ30分ほど経った頃、ようやくアタリがきた。

やった!・・・と釣り上げてみたら、ピラニアではなく20センチほどのナマズだった。がっかり。てっきりピラニアしかいないものだと思い込んでいた(そんなわけない)。

ナマズから針を外そうとしたその時、

グサッ!(痛っ!)

右手中指から血がポタポタ・・・。

そのナマズは鋭いトゲのようなヒレを持っていたのだ。刺さったのが指先だったせいか、神経に触るような痛さだ。

私「うわーイテテテテテ」

兄「もう戻ろうか?」

私「うん・・・」

痛いのもあったが、場所が場所だけにバイ菌やら病原菌やらが気になり、急速に気弱になってしまった。ピラニアが釣れなかったのは無念だが、ここは無理しないでおこう・・・。


« ジャングルツアーへの誘い | ジャングル奥地でのさらなる負傷 »

2006年04月28日 11:16

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑