イキトスの客引きたち

【54日目1】 ペルー・リマ-イキトス

「ヘイ、タクシー!」「フリー・トランスポート!」

イキトスの空港に到着するや否や、十数人ものギラギラした眼差しの客引きの男たちに取り囲まれた。

皆口々に同じようなことを並べ立て、血に餓えた獣のように私に向かって喚き叫んでいる。そして私が美味しそうな獲物であるかのように激しい争奪戦が繰り広げられている。

無視したいところだが、他に獲物が見当たらないせいか十数人もの客引きたちは一向に諦める素振りも見せない。

だんだん殺気立ってきたこともあり、仕方なくその中から一人を選び、ひとまず街まで連れて行ってもらうことに。



私がチリからこんな僻地までわざわざ北上してきたのは、この旅のキッカケであり最大の目的のひとつでもある「アマゾン」を見るためだった。

リマからアマゾン流域へはまだまだ遥かに遠く、時間的な制約もあり陸路で行くのは不可能と判断。アマゾンの玄関口であるイキトスまで一気に飛ぶことにした。

しかしこのフライトの前夜(詐欺師チャーリーにカモられた日の夕方)から、私の肉体には異変が生じていた。

激しい下痢。

明確に思い当たる原因は、チャーリーと一緒に食べたペルー名物の「セビッチェ」(生魚の酢漬け)だ。

フライトをキャンセルすべきかどうか迷ったが、カモられた上に予定変更までさせられるのは悔しくて、強行することにした。

きっとそのうち治るだろう、と高を括って・・・。


« リマの日本人経営者 | 客引きとの論争 »

2006年04月07日 23:16

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑