ジャングル奥地でのさらなる負傷

【55日目2】 ペルー・イキトス

ピラニアに襲われて・・・ではなくて、情けなくもナマズに刺されて右手中指を負傷した数時間後のこと。

夕食の時間までとくにやることもないので、宿の周辺をひとり散策。

あたりには竹のようなものが繁っていて、その竹を見ていたら、ふと閃いた。

日本から持って来るのを忘れてずっと欲しいと思っていた“あるモノ”を、この竹を利用して自分で作ろうと思ったのだ。



落ちていた竹を拾って部屋に持ち帰り、アーミーナイフで削り始めた。

スイス製の本物のアーミーナイフは、さすがに切れ味抜群。

そして竹の表面は非常に滑りやすく・・・

シュパッ!と滑った拍子に勢いよく左手人差し指の先端をえぐってしまった。

出血は思ったほどひどくはなかったものの、傷はかなり深く、まるで魚の“エラ”のような状態になってしまっている。

何よりマズイのは、ここがジャングルの奥地だということだ。

手持ちの薬は何もないし、右手の負傷を訴えても何も出てこなかったところをみると、宿にもきっと何もないのだろう。

つい先ほど右手の負傷を訴えたばかりでバツがわるかったが、またもやガイドに助けを求めた。

やはり薬はなかったが、ガイドもこの傷の深さはすがにマズイと思ったのだろう、機転をきかせてアルコールランプのアルコールに傷口をひたして消毒し、シーツの切れ端を包帯がわりに巻きつけてくれた。

ありがとう。これでしばらくは大丈夫そうだ・・・。


その後夕食をとり、部屋に戻ってしばらくすると、(それまでも決して良くはなかったのだが)今度はお腹の具合がヤバくなってきた。

両手から血を流し、さらに追い討ちをかけるかのようなひどい下痢。しかもここは薬も何もない未開の地。

「泣き面に蜂」とは、まさにこのことだ。


« アマゾン河でピラニア釣り | 自然治癒力の限界 »

2006年05月12日 11:44

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑