ミシガン大学の女子寮

【66日目】 アメリカ・フロリダ州-ミシガン州

グレイハウンドのポスター私「あ、もしもし、Mちゃん?Fだけど」

M「Fちゃん!?今どこなの?」

私「○○のバス停にいるんだけど」

M「えーー!!ホントに来たの!?今迎えに行くから、そこで待っててね」


「遊びに行くかもしれない」と葉書に書いてはおいたが、まさか本当に来るとは思っていなかったのだろう、電話口から彼女の驚き具合が伝わってくる。

事前に電話くらいしておくべきだったかもしれないが、彼女の住む街のバス停に着いてから、突然電話をしたのだった。



Mちゃんとは数ヶ月前にバイト先で知り合った仲。当時もミシガン大学に留学中だったが、休暇で日本に一時帰国して短期バイトをしていたのだ。

海外で知人を訪ねるのはこれが初めてのこと。知り合って間もない相手ではあるけれど、再会を喜び、快く迎えてくれたこともあり、実に感慨深いものがあった。


ところで、新しい街に到着した時にいつも一番最初に考えるのは、その日の宿を確保することだ。

Mちゃんは大学の寮生活。しかも女子寮だったので、泊めてもらうわけにもいかない。安宿でも紹介してもらおうかと考えていた。

私「今日泊まるところまだ決めてないんだけどさ・・・」

M「あ、私の部屋に泊まっていけばいいわよ。お布団も用意しておいたし」

私「え!?だって女子寮でしょ?」

M「平気平気。誰も何も言わないから」

なんという寛大さ。これがアメリカの懐の深さというものか(笑)。いや、もちろんMちゃんが寛大なのだけど。


▼ 余談

その後私とMちゃんは二人きりで・・・と妄想された方もいるかもしれませんが、Mちゃんにはルームメイトがいたので、残念ながら三人でした(笑)。

でも、「女子寮」というのは男性にとっては絶対不可侵の“聖域”。竜宮城に招かれたかのような、夢見心地でしたね。


« グレイハウンドでアメリカ大陸横断 | アイオワの妹と彼氏 »

2006年06月16日 15:05

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑