グランドキャニオンの谷底へ

【73日目1】 アメリカ合衆国アイオワ州-アリゾナ州

雄大なグランドキャニオン赤茶色の地層のグラデーションに、雲ひとつ無い真っ青な空。


雑誌か何かで写真をみたことはあったが、実物は圧倒的なスケールで、自分の存在のちっぽけさを思わずにはいられなかった。

まさに、広大無辺の大渓谷。


スポンサード リンク



渓谷の中に吸い込まれていくように、フラフラっと谷を下りていった。

道も比較的整っていて、軽い気持ちで下り始めたのだが…

行けども行けども“底”が見えない。

途中、何人もの旅行者とすれ違うので、到達すべき何かはきっとあるはずだ(事前に何も調べていないので、何も知らない)。


2時間近くも歩いた頃だろうか。少し開けた場所に出た。


「のどが乾いたなぁ・・・」


と、この時点で気付いたのだが、計画もなしに突然下りはじめたため、私は水も食料も何も持っていなかった。

もちろん周囲には売っていそうな店などない。大自然の中なのだ。


…もしかして、それなりの重装備で来るべき場所だったのだろうか?

…もし、この先も何もないとしたら?

…いや、それ以前に、もう午後も遅いというのに、こんなところで日が暮れてしまったらどうするんだ?

…そういえば、ところどころに積雪があったっけ。

…夜は相当冷え込むんだろうなぁ。

…って、はやく引き返さないと……死ぬぞ!!


というわけで、急遽引き返すことに。


« 世界遺産への寄り道 | グランドキャニオンの頂上へ »


2006年07月07日 11:03

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク