グランドキャニオンの頂上へ

【73日目2】 アメリカ合衆国アリゾナ州

グランドキャニオンの謎の動物急遽引き返すことになり、下りて来たのと同じ道を今度は登ることになったのだが…これがツライ。

通常の山登りなら「登ってから下る」ところを、この場合は「下ってから登る」わけで、これは肉体的にも心理的にもキツイものがある。

しかも、私は平坦な道なら何時間歩き続けても平気なのだが、登り坂は大の苦手。

それに、ここまではわりと軽快に来たものの、実際には足腰に相当な負担がかかっている。

下りと同じペースで登ったとして2時間…いや、かなりのハイペースで下りてきたから、同じペースなんて到底不可能だ……。


スポンサード リンク



坂道を転げ落ちるように下るのはあっという間だが、這い上がるのは非常に困難。


まるで人生の縮図だ。


途中、ロバのような生物に乗って悠々と頂上に向かっている人(金持ち?)を羨ましげに眺めつつ、あるいは、私と同じように地道にコツコツ歩いて登っている人(一般庶民?)と抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げる。


まるで人生の縮図だ。


…しかし、行けども行けども頂上は見えてこないし、足は棒のようになってくる。日没は近い。急がねば。


グランドキャニオンの頂上足が動かなくなり、しばし休息をとっていると


「あと少しだ!がんばれ!」


と、抜きつ抜かれつしていた欧米人の男が追いつき、励ましの声をかけてくれる。

お互い見ず知らずの相手だが、同じゴールを目指す者同士、妙な連帯感がある。


最後の力を振り絞り、必死でまた欧米人に追いつく。

そして、最後は二人一緒にゴールイン!


「やったぁ!!」「やったぞ!!」


« グランドキャニオンの谷底へ | ラスベガスの誘惑 »


2006年07月14日 11:43

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑


スポンサード リンク