ラスベガスの誘惑

【74-75日目】 アメリカ・アリゾナ州-ネバダ州

ラスベガスのネオングランドキャニオン登頂?の後遺症による全身筋肉痛の重い体を引きずりながら、グレイハウンドでラスベガスへと移動。

きらびやかなネオンに豪華なホテルの数々。そしてラスベガスといえば、何といっても“カジノ”だ。

街の至る所に大小様々なカジノがあり、訪れる人々(私)の射幸心を煽る。

ここに来たからには、やはり一度はカジノをやってみたい。



しかし一番の問題は、まだ帰りの航空券を買っておらず、その料金もわからず、懐にどれほど余裕があるのか(ないのか)見当もつかないということだ。

クレジットカードも持っていないので、手持ちの資金がすべて。つまり、ここでお金を使うこと自体がある意味“賭け”だとも言える。

・・・などと考えつつもチビチビとスロットなどをやっていたら、あっという間に数十ドルが飲み込まれてしまった。

ここまで節約に節約を重ねてきたのは、この一瞬のためだったのか?

やばいやばい。カジノはもうやめておこう。


« グランドキャニオンの頂上へ | アメリカ大陸横断達成 »

2006年07月21日 12:12

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑