世界一周達成前夜

【77日目】 アメリカ・カリフォルニア州

ハリウッドのパントマイマーロサンゼルス滞在最終日。それはこの旅の最終日でもあった。

アマゾン奥地での不名誉の負傷による傷跡もまだ生々しく、様々な思いが去来するが、泣いても笑っても今日で終わり。

帰国用のチケットもすでに入手し、安心して残ったお金を使い切ることができる。といっても、百ドルも残っていなかったが。



リトルトーキョーをぶらついていると、ツアー客と思しき日本人集団に遭遇。

「腹減ったな。蕎麦屋はないのか?」などと口々に言っているのが聞こえてくる。

まったく理解不能だった。アメリカくんだりまで来て何故に蕎麦屋なのか? きっと日本から来たばかりで、すぐまた日本に帰るだろうに。


リトルトーキョーにいてもお上りさん的な日本人旅行者ばかりで面白くないので、ハリウッド界隈に移動し、自分用の土産物を物色した。

日本で流行中のスニーカーがあれば買おうと思っていたが、探しても探してもまったく見つからない。

実はアメリカ大陸横断中もファッション関係は密かにチェックしていたのだが、日本で流行しているブランドはまるで見かけなかった。あるところにはあるのか、それとも日本とアメリカとでは流行が全然違うのか。

時間もないのでスニーカーは諦め、手頃なレイバンのサングラスをひとつだけ購入。残りは分厚いステーキでも食べることにしよう。

といっても数十ドルしかなかったので、あまり高級な店には入れない。身なりが貧相だからそうでなくても入れないが。


ストリートに面した、あまり高級そうではないが庶民的というほどでもないレストランに入り、最後の晩餐。

お味の方は感動するほどでもなかったが、アメリカ横断中はまともな食事をした記憶がなく、当然ステーキなど一度も食べていなかったので、お腹いっぱい肉が食べられただけでも十分幸せな気持ちになれたのだった。

食後はそのまま空港へと向かった。


« アメリカ大陸横断達成 | 旅の終わりと始まり »

2006年08月04日 13:34

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑